スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君と僕。2 第10話「cherry」

今回のお話で、千鶴と茉咲の関係については一つの区切りとなります。2期第2話から続く“海のイメージ”の終着点。

サンタの格好をしたくまのキーホルダーと、窓から見える桜の木。枝の先にある桜のつぼみ。冬から春へ、季節の移り変わり。それと、サンタの格好をしたくまのキーホルダーは第2話に出てきたアイテムです。海のイメージの“始まり”のアイテム。それは春からのプレゼントであり、千鶴が頑張って取り返した物でもあります。

千鶴の告白により、ぎくしゃくしてしまっている二人。千鶴のことを避けてしまう茉咲。そんな茉咲を呼び止める祐希。この「千鶴がビスケット持ってるよ」という祐希の台詞、原作では悠太が言っているんですよね。千鶴と茉咲の恋の行方を見守っているのは、悠太ではなく祐希。第7話でも、悩んでいる千鶴に声をかけたのは祐希でした。ちょっかいのような形で背中を押したり、無理矢理引き合わせたり…強引だけれど祐希らしいやり方。いつもは無気力なのに何故千鶴のことに関しては世話を焼くのかというと、それは祐希にとって一番の友達が千鶴だから。1期の第3話で描かれている通りです。ちょっとだけ他の人よりも特別な繋がり方。
見えなくなってしまった茉咲の表情。向かい合い、顔を合わせることの出来ない二人。

カメラで写真を撮り合うみんな。もうすぐ高校三年生、でも今はまだ二年生。まだ受験に悩むことなく、気楽に馬鹿なことが出来る“今”。そんな“今”を切り取る写真。そんな今だからこそ出来ること。
千鶴と茉咲の写真を撮る祐希。祐希は今の状況を完全に把握しているわけではないけれど、二人の仲を取り持とうとしているのは確かです。強引でお節介な祐希。二人が写った写真。左に茉咲、右に千鶴。隣り合う二人。
写真を撮る時、目をつぶってしまった茉咲。目をつぶってしまった写真は、春に見られたくない表情。千鶴が今まで見てきた表情、それは春に見せないようにしていた表情。千鶴だけが見た表情。茉咲はずっと、春によく見られようとして笑顔を作ってきました。その裏で流した涙、情けない泣き顔。そんな春に見せられない顔を見てきた千鶴。春に見せられない顔、つまり春が見たことのない顔。そんな特別な表情や仕草に惹かれた千鶴。でも、今の表情は見えないまま。

卒業式のシーン。原作ではダイジェストだけであっという間に終わってしまいますが、アニメではちょっと長目でしたね。卒業式の最中、先生にパーカーについて怒られるシーンがありますが、原作にはありません。原作ではその後の茉咲の腕を引いたシーンで先生に発見され、怒られています。ちなみに、前半の校門で先生に怒られるシーンも原作にはありません。この辺り、かなり丁寧に描かれています。今だから出来るやんちゃ。
茉咲と一緒に逃げ出した千鶴。そんな千鶴の行方を聞く春と、それに答える双子と要。春の台詞、「早くしないと、卒業生いなくなっちゃうのに」。早くしないと卒業生が行ってしまうというそのままの意味以外に、卒業生がいなくなると今度は自分たちが三年生になる…そんな意味も込められているように思えます。冬から春へ季節が過ぎ去るように、二年生から三年生、受験生になってしまう自分たち。止められない時間。春だからこそ考えてしまう不安。

千鶴の手元にある、目をつぶってしまった茉咲の写真。春に見せられない“変な顔”。千鶴になら見せられる表情。
今の茉咲がどんな表情をしているのかわからない千鶴。でも、それは茉咲も同じ。今までどんな顔で接していたのか、これからどんな顔をすればいいのかわからない。千鶴が茉咲の表情を見ることが出来ないというより、茉咲が千鶴に対してどんな表情を見せればいいのかわからない、表情を見せることが出来ない状況。そんな茉咲に「今まで通りでいいよ」と言った千鶴。今まで千鶴が見てきた茉咲の表情、それは泣き顔、照れた顔、笑った顔、怒った顔…たくさんの特別な表情。春に向けられていた笑顔は、千鶴への笑顔とは違うもの。でもみんなの知らないたくさんの表情を、千鶴は見てきました。だから、今まで見せた表情は全部“いつも通り”。
告白によって、千鶴のことばかり考えてしまう茉咲。今までは春のことで頭がいっぱいだったのに。今茉咲の頭の中には、千鶴があふれています。それはある意味、贅沢な“独り占め”。それが今の精一杯の幸せ。
第2話から続く海のイメージ。椅子を運ぶ千鶴。椅子は“居場所”。茉咲の居場所を作ってあげる千鶴。そこに座る茉咲。千鶴の隣、それが茉咲の今の居場所。二人の見つめる“海”。この“海”は何なのか。プリズムのように光る海面。それはまぶしい青春、二人の行き先。

最後、原作との決定的な違いが一つ。それは、窓の外を見つめる二人の姿。原作では文化祭のお話の最後、“窓の外を見ている茉咲と春”との対比になっています。今回のAパートの終わりに出てきたシーンですね。1期第10話の文化祭、あの時初めて自分の気持ちに気づいた千鶴。窓の外を見る二人を見ながら、春のポジションをうらやんだ千鶴。その場所に今、千鶴が立っている…原作はそういった感じでまとめられています。でもアニメでは、第2話から続いてきた海のイメージでまとめられていました。文化祭のシーンを出さなかったのは、お話が1期と2期で分かれてしまっているからかもしれません。でも、何故海のイメージだったのでしょうか。この海のイメージ、今回の終わりを見て千鶴の心情だけではなく茉咲の心情も表しているような気がしました。この海のイメージが出たのは、茉咲の心が動いた時からです。そして、今回出てきた“椅子”。“椅子”は“居場所”。この“居場所”って、ただ千鶴の隣というだけの意味ではないように感じます。茉咲は元々人に助けられることが嫌で、わざと人を遠ざける女の子でした。でもそれが五人と出会い、ふれあったことで少しずつ変化してきています。今は目に見えなくても、茉咲の心は少しずつ変わってきています。だからこの茉咲の“居場所”は、そもそも居づらかった学校の中、みんなの中での“居場所”でもあるような気がします。これは、次回のお話に繋がってくる部分。
千鶴が茉咲のことを好きになったのは、茉咲の普段は見せない表情に惹かれたから。茉咲が春を好きになったのは、普段は一回拒否をすれば自分から遠ざかるのに、それでもなお自分の中へと入り込んできたから。千鶴も春と同じように、でもちょっと春よりも乱暴に、茉咲の中へ入り込んできました。でも茉咲にとって、そうやって強引に入り込んできてくれる人こそが特別な存在です。
徐々にほころび始めた桜のつぼみ。その花が開けば春、新しい年度の始まり。そして二人の恋も、まだほころび始めたばかりのつぼみ。

次回は茉咲のお話。恋愛のお話はここまでですが、茉咲という“人物”について、そして初登場時からの成長や変化についてが描かれると思います。そして、松下君も出ますよ。楽しみ。

Pagination

Trackback

君と僕。2 第10話「cherry」 感想 from 超進化アンチテーゼ

僕がいない/僕だらけで。 自分の存在を誰かに意識してもらいたい、それも好きな人にはっていうのは 人間の永遠のテーマの一つでもあると思うんですけど、そんな中でふと見せた千...
  • 2012/06/06 22:31

君と僕。2 第10話 from 日影補完計画(あ゛ぁやっちゃったなぁ… おい… な毎日w)

「cherry」 今まで通りでいてよ
  • 2012/06/06 22:34

君と僕。2 第10話「cherry」 from WONDER TIME

「少しでも… 少しの間だけでも  君が俺の事をたくさん考えてくれた  俺で頭をいっぱいにしてくれた、それだけで――…」 告白の一件で 気まずい雰囲気の千鶴と茉咲 思い悩む茉
  • 2012/06/06 23:11

君と僕。2 第10話「cherry」 from Spare Time

『卒業式が近づき、上級生から悠太と祐希の写真が欲しいと頼まれた千鶴は、借りたインスタントカメラで、勝手に撮影会を始めてカメラマン気どり。通りがかった茉咲も巻き込まれて2...
  • 2012/06/07 00:56

君と僕。2 第10話「cherry」 from shaberiba

「春ちゃんに見られたくないの!!」 千鶴を思って祐希がとってくれた2ショットだけど・・ 今だ春でいっぱいのメリーにショックを隠せない千鶴。 それでも笑って話しかけてる千...
  • 2012/06/07 10:08

「君と僕。2 」第10話【cherry】 from NEW☆FRONTIER

これで、この学校は俺たちのモノだ。 卒業式が近づき、上級生から悠太と祐希の写真が欲しいと頼まれた千鶴は、 借りたインスタントカメラで、勝手に撮影会を始めてカメラマン気ど...
  • 2012/06/07 12:33

アニメ「君と僕。2」 第10話 cherry from 午後に嵐。

君と僕。2 1(完全生産限定版) [Blu-ray](2012/06/27)内山昂輝、木村良平 他商品詳細を見る 今まで通りでいてよ。 「君と僕。2」第10話のあらすじと感想です。 以前までの彼女。 (あらすじ
  • 2012/06/07 14:32

君と僕。2#10 from もっと最高の夢を~数点豪華主義アニメブログ!~

アニメを良く知らない人は、このアニメと『夏目友人帳』を混同することもあるんだろうな。 絵柄微妙に似てるし。 内容はこっちのほうが『夏目』よりも面白いと、個人的には思うの
  • 2012/06/08 00:01

まとめtyaiました【君と僕。2 第10話「cherry」】 from まとめwoネタ速neo

今回のお話で、千鶴と茉咲の関係については一つの区切りとなります。2期第2話から続く“海のイメージ”の終着点。サンタの格好をしたくまのキーホルダーと、窓から見える桜の木。枝
  • 2012/06/09 05:12

君と僕。2 第10話 「cherry」 簡略感想 from 雨男は今日も雨に

「もうすぐ春が来る」・・・そんな季節に二人は・・
  • 2012/06/11 00:41

Trackback URL

http://littlelarklittle.blog.fc2.com/tb.php/86-22c6cd68

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

人見

Author:人見
平成生まれゆとり系女子。
アニオタというよりは、ぬるオタ。最近はのんびり肩の力を抜いて見られるアニメが好きです。
アニメの感想は人それぞれ違うのが楽しい。

カテゴリ

公式

ドラマCD「ボクたちオトコの娘」
輪廻のラグランジェ 応援バナー
戦姫絶唱シンフォギア

君と僕。
THE IDOLM@STER
Are you Alice?
グラール騎士団

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。