スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君と僕。2 第5話「あの空の裾」

年始、年賀状のお話。今回注目する部分は“受験”。でもそれだけではなくて、“春と悠太”についても。

春から送られてきた年賀状。手書きで、しかもまとめてではなく悠太と祐希の二人分。要からはメールでの挨拶、千鶴からは直接の挨拶。それぞれの性格が表れています。悠太は要からのメールにすぐ返信し、祐希は放置。前回でも描かれた、悠太と祐希の違い。ちなみに私は結構律儀に年賀状を出す方です。年一回、年賀状くらいしか連絡を取らない相手もいるので。学生時代の恩師とか…。
神社で千鶴に何をお願いするかと聞かれ、弁当箱のことについて話す悠太。これも悠太と祐希の違いであり、前回のお話があったからこそ言える台詞。要に「母ちゃんか」と突っ込まれていますが、悠太は祐希に対してだけではなく、みんなにとっても母親的な立ち位置なんですよね。

誤って賽銭箱に鍵を投げ入れてしまった千鶴。神社の人に頼めば返してもらえるのでは?と思ったのですが、年始という参拝客の多い時季、防犯上そう簡単に開けられないのかもしれませんね。後日返してもらえると思うのですが、どうなのでしょうか?
受験生の昭博。単語カードに書かれていた文字は“apologize”と“regret”。“謝る”と“後悔”。

買い出しを頼まれた要。荷物持ちとして名乗りを上げたのは千鶴と悠太と祐希。結果、選ばれたのは悠太でした。アニメでは何故悠太が選ばれたのかという説明はなく、そのまま場面が変わっています。原作では、祐希はメールを返信しなかったから、千鶴は問題を起こすからという理由で却下されています。アニメの方は“消去法”という台詞と、前回と今回の冒頭で描かれた悠太と祐希のキャラクター、今までに描かれてきた千鶴のキャラクターである程度予想がつくだろうということでカットしたのだと思います。

一人で自転車を押そうとする昭博。転んだ所で出くわした昭博の彼女、百合。百合とその友達とのやり取りは、千鶴達の脳天気さを彷彿とさせます。すでに受験から解放されている百合。昭博が感じているのは、いらだたしさと不甲斐なさ。
ここ、会話の間合いの取り方が面白いと思いました。百合の声のかけ方。かける言葉を選んでいるような間合い。お守りを買ってきてあげるくらいですから、昭博が受験に悩み、苦しんでいることは知っています。友達との会話と昭博に対する会話の違い。「転んだの?」と言わないようにしている感じや、「頑張って」ではなく「頑張ってる」と言葉に気を遣う感じ…。ここの微妙な空気感がよかったです。
「ほら、行くぞ」と自転車を押して立ち去るシーン。ここ、原作とは少し違います。アニメでは、立ち去るシーンは昭博が自転車のハンドルを握っていました。でも原作では春、千鶴、祐希の3人に自転車を押しつけているんですよね。アニメではこの後の場面で3人だけで押すように変わっています。原作の方は素直になれないいらだたしさを3人に押しつけた感じ、アニメの方はこの場から早く去ろう、そして彼女の前で3人に押しつけるのは印象が悪いだろう…という感じがします。

道路でふざける3人。それはまるで、アバンで「道の真ん中歩かない」と怒られていた子供のよう。郵便の車を追って、坂道を走っていく姿も。精一杯走ることは、今を精一杯生きること。“後悔”のないように生きること。千鶴の「情けないですな、年寄りは」という台詞。確かに千鶴より一つ年上ですが、息が上がっているのは千鶴も同じ。道路の真ん中に倒れる姿は、まるで子供のよう。今を必死に生きるのは、大人も子供も同じです。走り続けなくてはいけません、“目的地”に着くまでは。
彼女からのメール。これは原作にはありません。メールを送ったのは年賀状を書いている時ですね。

受験という言葉に反応する春。原作ではモノローグはなく、表情のみで受験を意識しているように描かれています。その後の年賀状を選ぶシーンも、「もうすぐ三年生なんですよね、僕達」という台詞が追加されていますね。ちなみに、原作では9巻で春が進路について考えるお話が出てきます。さすがにアニメではそこまで出来そうにありませんが…。
悠太の春を見る視線。“悠太はみんなにとっても母親的な立ち位置”と書きましたが、悠太が祐希の次に気にかけているのって春だと思うんです。1期第2話で茉咲と春(チューリップと春)を見守っていたのは悠太でした。それに中学の時は剣道部、高校は茶道部と部活もずっと一緒だったりします。今回の冒頭、神社で何をお願いするのかというやり取りの中で、悠太はずっと春のことを見ているんですよね。そして、最後の夕日に手を合わせる時も。受験について少し悩む春ですが、脳天気な千鶴達を見て安心します。そしてそれを見守る悠太は、春の考えていることに気づいているはずです。春が夕日に願ったことは、“一年後も、これからもずっと、みんな仲良く同じ関係でいられますように”。最後を締めくくるモノローグは“悠太”。

来週はいよいよ、1期第11話の続きです。パンの点数シールのお話。1クール空いてしまいましたが、シール当番については2期でも触れられていましたね。祐希と花代さんの関係がどう描かれるのか…楽しみです。

Pagination

Trackback

まとめtyaiました【君と僕。2 第5話「あの空の裾」】 from まとめwoネタ速suru

年始、年賀状のお話。今回注目する部分は“受験”。でもそれだけではなくて、“春と悠太”についても。春から送られてきた年賀状。手書きで、しかもまとめてではなく悠太と祐希の二...
  • 2012/05/01 21:34

君と僕。2 第5話「あの空の裾」 from WONDER TIME

「走り続けなきゃいけない、その理由は分からなくても」 受験を控えた昭博と神社で出会った5人 千鶴が自転車の鍵を賽銭箱に入れてしまった為、自転車を運ぶ事に(苦笑)    【第...
  • 2012/05/01 21:52

君と僕。2 第5話「あの空の裾」 感想 from 超進化アンチテーゼ

春の絵が相変わらずで安心した(笑)。 これまた・・・繊細で深い話でしたね。というか、これもよく分かるんですよね。 別に彼女との間に不協和音がある訳じゃなく、仲違いする
  • 2012/05/01 22:08

君と僕。2 第5話「あの空の裾」 from Spare Time

『初詣に行くことになった5人。そこで千鶴が偶然拾った自転車の鍵を、誤って賽銭箱へ奉納してしまった…!鍵の持ち主である“あきひろ”は、彼らに乗れなくなった自転車を運ばせる...
  • 2012/05/01 22:53

アニメ「君と僕。2」 第5話 あの空の裾 from 午後に嵐。

TVアニメ『君と僕。』 DJCD「君僕ラジオ。放課後ラプソディ」第2楽章(2012/03/21)(DJCD)商品詳細を見る 気持ちなら誰にも負けません、よろしくお願いします! 「君と僕。2」第5話のあらすじ
  • 2012/05/01 23:47

君と僕。2 #5「あの空の裾」感想 from おぼろ二次元日記

ふと見上げた空に輝く夕陽は一年前と変わらなくて。「あの空の裾」あらすじは公式からです。初詣に行くことになった5人。そこで千鶴が偶然拾った自転車の鍵を、誤って賽銭箱へ奉納...
  • 2012/05/02 11:12

君と僕。2 第5話 from あ゛ぁやっちゃったなぁ… ぉぃ… な毎日w

「あの空の裾」 走っても振りきれない不安  …今は走り続けなきゃいけなくて 一年違うだけで生活は一片するんでしょうw 受験なんてまだ先の話だと思っている五人、そ
  • 2012/05/02 12:14

「君と僕。2」第5話【あの空の裾】 from NEW☆FRONTIER

あの子はいろんな意味で天然記念物だからね。 初詣に行くことになった5人。 そこで千鶴が偶然拾った自転車の鍵を、誤って賽銭箱へ奉納してしまった…! 鍵の持ち主である"あきひ...
  • 2012/05/02 12:48

君と僕。2 第5話「あの空の裾」 from shaberiba

今は走り続けなくてはならないのだ。 その理由はわからなくても----- カッコイーこと言ってるのは残念ながら彼らではなくて 受験真っ只中にいるあきひろ君です---(苦笑) 初詣で拾
  • 2012/05/02 16:02

[アニメ]君と僕。2 第5話「あの空の裾」 from 所詮、すべては戯言なんだよ

君の喜びが僕の喜びでそうありたいと願うんだ。だけど、自分の下らないプライドで素直に伝えることが出来ないんだ。そんな不器用な僕に背中を教えてくれた彼らがいた。
  • 2012/05/03 13:56

君と僕。2 第5話「あの空の裾」 from 雨男は今日も雨に

・・春たちの新年・・・時は過ぎて・・
  • 2012/05/04 00:44

- from

管理人の承認後に表示されます
  • 2013/10/18 15:51

- from

管理人の承認後に表示されます
  • 2013/11/06 10:31

Trackback URL

http://littlelarklittle.blog.fc2.com/tb.php/73-da1163cd

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

人見

Author:人見
平成生まれゆとり系女子。
アニオタというよりは、ぬるオタ。最近はのんびり肩の力を抜いて見られるアニメが好きです。
アニメの感想は人それぞれ違うのが楽しい。

カテゴリ

公式

ドラマCD「ボクたちオトコの娘」
輪廻のラグランジェ 応援バナー
戦姫絶唱シンフォギア

君と僕。
THE IDOLM@STER
Are you Alice?
グラール騎士団

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。