スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君と僕。2 第4話「ゆげのなかに」

双子のお話です。今回、原作と違ったり付け加えられている部分が多く、原作のお話とはちょっと違う印象を受けました。特にAパート。

アバンおよびAパートは、最新刊である11巻の“子供部屋にて”という短編から。祐希の「お母さん達は?」という台詞から戦隊ショーの観戦辺りまではアニメオリジナルです。

悠太に対してカレーを温めてくれと頼む祐希、その前に着替えろという悠太。この辺りのやり取り、祐希の悠太に対する(“結構細かい”ということへの)不満と、悠太と祐希の性格の違いがよく表れています。世話焼きでお兄ちゃん気質の悠太と、自己中心的でマイペースな祐希。
ぐちゃぐちゃに置かれた漫画、たたまずベッドに放置されたパジャマ。やんわり片付けろと言う悠太、それを面倒くさいと感じる祐希。居心地の悪さから外に出ようとしますが、その気持ちを知ってか知らずか電球を買ってきてと頼まれます。

公園で肉まんを食べる祐希。ほんの少し左よりなレイアウト。右隣には誰も座っていないベンチ。“隣に悠太がいない”という、祐希のモノローグとは裏腹なちょっと寂しい、物足りなさを感じる構図。

ホマレンジャー再び、そして松下君も。1期第8話以来ですね。一緒に戦隊ショーを見ないかと誘われますが、松下君くらいの背格好なら子供達の中に混ざっていてもあまり違和感ない気が…。
いつも二人でいることのわずらわしさ。そんなことを話しながらも、電球を頼まれたことは忘れない祐希。松下君を置いていってしまう、マイペースさ。

原作との最大の違い。アニメオリジナル部分以外の一番の違いは、このお話が“祐希の視点で語られている”こと。原作では悠太視点のお話なんです。それに原作でのポイントは“基本的に自分の意見を持たない(相手の意見に合わせてしまう)悠太が、ベッドに関してだけはかたくなに譲らなかった”という部分で、アニメでは“隣に悠太がいない寂しさ”になっています。
祐希の回想。二段ベッドの下に寝る祐希、その隣に見える悠太の姿。原作では悠太視点のため、勿論このようなシーンはありません。側に悠太がいない、その寂しさ、物足りなさに気づく祐希。
干した布団の、お陽さまの匂いにほっとする悠太。それと同じように、祐希にとっては悠太の匂いがお陽さまの匂いであり、ほっとする匂いなんですよね。…ダニの死骸などという夢のない話は置いておいて。

Bパート。原作はサブタイトルと同じ“ゆげのなかに”。Aパートほどの改変はありませんが、Aパートの意味合いが変わったことによって、少し印象が異なって見える部分もあります。

悠太と祐希のお父さん初登場。お母さんは1期第3話の回想で一回だけ出てきていましたね。お父さんとお母さんのやり取りを聞いていると、悠太はお母さん似、祐希はお父さん似なのかなと思ったり…。

子供の頃に描いた地図。原作とほんの少しだけ異なっています。原作では、扉を出てすぐの植え込みの所にお皿が埋まっています。少し離れた場所にしたのは、“過去の記憶をたどる”シーンを入れるためでしょう。祐希の二段ベッドの回想と同じように、過去の記憶によって祐希について考えさせられる悠太。マイペースで世話の焼ける弟だけれど、とても優しい所がある祐希。祐希から見た悠太も、悠太から見た祐希も同じ、互いになくてはならない存在だと気づきます。祐希視点とAパートと、悠太視点のBパートの対比。

意地でも出て行こうとしない祐希と、何とかして出て行かせようとする要。要は「時間あけるとよけい謝りにくくなんぞ」と言った時、祐希の頭をなでています。ここ、原作では軽くはたいているんですよね。祐希を叱るのは悠太の役目だからなのかな…と。

お皿を割ってしまったことを謝る二人。ここは原作にはありません。お皿を割ってしまった悠太の罪と、それを隠した祐希の罪。二人で背負った罪。ここでその罰を受けようとする行為は、AパートとBパートでお互いがお互いをないがしろにしたことへの罰でもあるのかなと。お互いの大切さを再確認し、さらに絆を強く結びつける行為。双子だからこその強い絆。
お互いに依存しすぎていて、そろそろお互いに離れていく時期だと思うかもしれません。それについては、原作の方で少しずつではありますが成長の兆しが見えてきています。弟離れと兄離れ、嬉しくもあり寂しくもある成長。

七味唐辛子。原作では祐希が使っている描写はなく、ただお母さんがお父さんに七味はどこかと呼ばれる描写しかありません。悠太と祐希の元を離れるための道具なんですよね。それがアニメではアップで写っています。叱らなかったお父さんに向けての嫌がらせのようにも見えて…。そういった意味では、Aパート最後の悠太の上に乗っかった祐希は、二段ベッドの上で寝られなかったことへの嫌がらせにも見えます。
そういえば、七味唐辛子ってどうやって保存していますか?我が家では常温で、塩や砂糖と同じように置いています。冷蔵庫に入れるというのは、君と僕。で初めて聞きまして…。常温と冷蔵、どちらが多いのでしょうか?

次回は年明け、年賀状と恋人のお話。楽しみです。

Pagination

Trackback

君と僕。2 第4話「ゆげのなかに」 from WONDER TIME

「僕たちは 生まれた時からずっと一緒に暮らしている 17年間ずっと――…」 悠太と祐希の喧嘩! 古いメモに書かれた地図、その場所に埋められていたものは…    【第4話 あら...
  • 2012/04/24 22:03

君と僕。2 第4話「ゆげのなかに」 from Spare Time

『大みそか、浅羽家は大掃除でいつもより少しだけ忙しない。悠太も自分たちの部屋を掃除していたが、ぞうきんから垂れた水が祐希のマンガにかかってしまった。それが原因で口論にな...
  • 2012/04/24 23:16

(アニメ感想) 君と僕2 第4話 「ゆげのなかに」 from ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

投稿者・鳴沢楓 君と僕。 もふもふマフラータオル 要柄(2012/01/25)エーシージー商品詳細を見る 大みそか、浅羽家は大掃除でいつもより少しだけ忙しない。 悠太も自分たちの部屋を掃...
  • 2012/04/24 23:51

「君と僕。2」第4話【ゆげのなかに】 from NEW☆FRONTIER

大みそか、浅羽家は大掃除でいつもより少しだけ忙しない。 悠太も自分たちの部屋を掃除していたが、ぞうきんから垂れた水が祐希のマンガにかかってしまった。 それが原因で口論に
  • 2012/04/25 00:04

君と僕。2 第4話「ゆげのなかに」 感想 from 超進化アンチテーゼ

これは正直、よく分かる。 いや〜本当に素晴らしいお話でした。やっぱり、このアニメってリアルな部分も強いと思う。 っていうか前期やってた男子の日常アニメよりもリアルって
  • 2012/04/25 00:27

君と僕。2第4話「ゆげのなかに」 from SOLILOQUY

君と僕。2第4話「ゆげのなかに」「今年もよろしく」「ああ、うん」17年間、いつも一緒の僕ら♪公式HPより大みそか、浅羽家は大掃除でいつもより少しだけ忙しない。悠太も自分た...
  • 2012/04/25 03:32

君と僕。2 第4話「ゆげのなかに」 from SOLILOQUY 2

君と僕。2 第4話「ゆげのなかに」 「今年もよろしく」 「ああ、うん」 17年間、いつも一緒の僕ら♪ 公式HPより 大みそか、浅羽家は大掃除でいつもより少しだけ忙
  • 2012/04/25 03:32

君と僕。2 第4話「ゆげのなかに」 from SOLILOQUY別館

君と僕。2 第4話「ゆげのなかに」
  • 2012/04/25 03:32

君と僕。2 第4話 from あ゛ぁやっちゃったなぁ… ぉぃ… な毎日w

「ゆげのなかに」 僕達は生まれた時からずっと一緒に暮らしている 17年間ずっと… 今回は双子ちゃん回でした!! 双子じゃないから双子がどんなもんなのか全く分からないけど ...
  • 2012/04/25 22:59

君と僕2 第4話 「ゆげのなかに」 from 雨男は今日も雨に

祐希と悠太の年越しに起きた小さな喧嘩
  • 2012/04/26 00:24

[アニメ]君と僕。2 第4話「ゆげのなかに」 from 所詮、すべては戯言なんだよ

ゆげのなかに包まれた秘密。変わらない二人だけの絆を表す小さな小瓶。それが今も変わらない証となって、二人だけの秘密としていつまでも残っていくのだろう。
  • 2012/04/26 18:05

Trackback URL

http://littlelarklittle.blog.fc2.com/tb.php/71-e322ee3d

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

人見

Author:人見
平成生まれゆとり系女子。
アニオタというよりは、ぬるオタ。最近はのんびり肩の力を抜いて見られるアニメが好きです。
アニメの感想は人それぞれ違うのが楽しい。

カテゴリ

公式

ドラマCD「ボクたちオトコの娘」
輪廻のラグランジェ 応援バナー
戦姫絶唱シンフォギア

君と僕。
THE IDOLM@STER
Are you Alice?
グラール騎士団

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。