スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏目友人帳 肆 第12話「記憶の扉」

今回は夏目が実家へ行くお話。4期もいよいよ大詰めですね。

実家へと向かう夏目。電車を乗り継ぐ様子は、旅のよう。そして旅は人生のよう。ふと、大森監督のコメントを見て思いました。今までを振り返る過去への旅であり、これからの成長のための未来への旅。人生という長い長い旅の途中。

目的地までの道のり。“やもめ”は“つばめ”、“生崎本線”は“長崎本線”、“箱田”は“博多”でしょうか?車内販売にあった“銘菓にわとり”は“ひよ子”、お弁当は“かもめ弁当”。どうやら、かもめ弁当は現在販売されていないようなのですが…。箱田で乗り換えたのは“西鉄貝塚線”。降りたのは“久人呆駅”ですが、地下鉄七隈線の“次郎丸駅”の外観と一致します。途中にあったうどん屋さんの“ただのうろんやさん”は“かろのうろん”。メニューにあったとろろこんぶ、丸天、からし明太子も実在するみたいです。ですが、場所は博多の方みたいですね。ちなみに“うろん”は博多の方言(といっても、今は年配者しか使わないみたいですが…)らしいです。
この辺り、ただ調べただけで詳しくはないので、間違っていたらすみません…。

過去の記憶を文字通り“辿る”夏目。うどん屋さんや柿の木、椿のある家、優しいお婆さん…よみがえる過去の記憶。目印になるような物がそのまま残っているって、凄いですよね。夏目がこの辺りに住んでいたのは小学生の頃。かなり変わってしまっていてもおかしくはないと思うのですが…。

鍵を預かっている家の女の子、蒼井三世子。彼女の夏目に対する感情って、他の人とは少し違う気がするんです。今までは夏目自身を気持ち悪がる人が多かったですが、彼女は夏目の行動そのものよりも、その行動によって両親が心配すること、両親を取られてしまうことを嫌っていました。
夏目が夏目の父親を優しいと言った時、自分の父親の方がずっと優しいと言ったのは、父親のことが大好きだから。一番大切な人だから。そして、そんな“大好きな人”が取られてしまうことが、堪らなく嫌だった…。弟が出来た姉のような、そんな子供らしい感情。それだけではなく、父親の優しさを無駄にしてしまう態度も嫌っていました。その優しさをそのまま受け入れてしまっていたら、もっと嫌いになっていたと思いますが…。
子供らしいといえば、両親を亡くした夏目にためらうことなく両親のことを聞く所も、実に子供らしいですよね。両親がいない…それだけで可哀相だと思ってくれる。気を引くことが出来る。そう思っていた所もあるのかもしれませんね。だから、両親のことを聞いたのはちょっとした意地悪なのかもしれません。
ニャンコ先生のパンチをくらった夏目を抱きかかえた父親。それを見る三世子の表情が印象的。

藤原夫妻の話をする三世子の父。夏目から視線をそらしながら話をします。藤原夫妻のことを悪く言うのは、知らないから。そんな話をするのは、夏目のことを心配しているから。視線をそらしたのは、それが本心ではなく建前だから。でも、だからって悪いわけではないんですよね。藤原夫妻のことを知らないから。それは仕方のないこと。
今まで預かってくれた人たちも、本当の夏目を知らないから気味悪がっていました。それも仕方のないことです。夏目自身、今まで今まで預かってくれた人たちはみんないい人たちだったと言っています。仕方のないこと、どうしようもないこと。

屋根の上にいるムシクイを挑発した夏目。この時の夏目の「君の家族を取ったりしないよ」という台詞は、夏目が三世子の両親を取らないという意味でもあり、ムシクイに悪さをさせないという意味でもありますよね。
ムシクイの姿は三世子には見えず、ただの突風でしかありません。前半の、風で妖怪の気配を感じた夏目とは対照的。

「宝探しみたいだ」…実家を探す夏目の台詞。前回、ラムネ水の湧く場所を探しに行った時と同じですね。目的地までの冒険。実家…それは“凄く凄く優しいお父さんの家”。過去への帰路。
ムシクイに襲われた夏目。口にした言葉は「帰らなくちゃ」でした。帰るべき場所は、実家なのでしょうか?それとも、藤原夫妻やみんなの所なのでしょうか?

来週はいよいよ最終回です。夏目は、実家に帰ることが出来るのでしょうか?そして、本当に帰るべき場所は?予告を見ると、どうやらみんなでラムネ水の湧く場所を探しに行くみたいですね。最終回、ちょっぴり寂しいけれど楽しみです。

Pagination

Trackback

夏目友人帳 肆 12話 from アニメ徒然草

あの頃の記憶が、今も残る、この家で。 というわけで、 「夏目友人帳 肆」12話 里帰りの巻。 優しくしてやったのに。 そんな三世子さんの言葉を、責める気にはなれません。 だ...
  • 2012/03/20 21:56

夏目友人帳 肆 第12話 『記憶の扉』 from こいさんの放送中アニメの感想

お父さんもお母さんも優しくしてやってたのに。夏目の態度が悪いと文句を言ってくる三世子。そりゃお前が居るからでしょ、言わせんな。まあ夏目は大して気にしていない様なので良か...
  • 2012/03/20 22:00

夏目友人帳 肆 第十二話 「記憶の扉」 from つれづれ

 最後のシーンにびっくりしてしまいました。
  • 2012/03/20 22:00

夏目友人帳 肆 第12話「記憶の扉」 from WONDER TIME

「俺も帰ろう 大切な家へ」 実家の鍵を受け取る為、親戚の家へ向かった夏目 しかし その家には妙な妖怪の姿が…!    【第12話 あらすじ】 最後に一度だけ、幼い頃に父と過ご
  • 2012/03/20 22:18

夏目友人帳 肆 第12話「記憶の扉」 from SERA@らくblog

帰らなくちゃ――。 無くなる前に もう一度だけ両親の家を見に行った夏目。 ニャンコ先生も来てたしw  わずかな記憶を頼りに 鍵を預かっている親戚の家を訪ねるが…。 そこに
  • 2012/03/20 22:25

夏目友人帳・肆 第12話「記憶の扉」 from 破滅の闇日記

続 夏目友人帳 音楽集 いとうるわしきもの(2009/03/18)TVサントラ、夏目貴志(神谷浩史) 他商品詳細を見る  幼い頃に住んでいた家を訪ねる小旅行に出かけます。電車の中にも妖怪がうろつ
  • 2012/03/20 22:34

夏目友人帳 肆 #12 from 桜詩〜SAKURAUTA〜

【記憶の扉】 夏目友人帳 肆 2(完全生産限定版) [Blu-ray]出演:神谷浩史アニプレックス(2012-03-21)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 駅弁〜駅弁〜♪ 
  • 2012/03/20 23:17

夏目友人帳 肆 第12話 感想「記憶の扉」 from 一言居士!スペードのAの放埓手記

夏目友人帳ですが、ニャンコ先生の食い意地が止まりません。 夏目は生まれた家を見に行く旅に出ますが、電車で弁当を二つも買って驚かれます。 ヤサ男の草食男子、ヒョロ兄ちゃ
  • 2012/03/21 00:51

夏目友人帳 肆 第12話 記憶の扉 from ゲーム漬け

売り払われる前に、もう1度だけ両親の家を見に行く貴志。 ニャンコ先生も鞄の中に潜んで同行。 まずは鍵を預かっている親戚の家を訪ねますが、その家は妖が住み着いていた事を思 ...
  • 2012/03/21 01:52

夏目友人帳 肆 第12話「記憶の扉」 from MAGI☆の日記

夏目友人帳 肆の第12話を見ました。 第12話 記憶の扉 貴志は滋と塔子に家が売られてなくなる前に両親の家を見に行っていいかと尋ねる。 そして貴志は三世子という少女のいる
  • 2012/03/21 05:23

夏目友人帳 肆 第12話「記憶の扉」 from のらりんすけっち

夏目4期のラストエピはなんと3部構成! 実家に着いてほっこりエンドの道は遠い? 幼い頃から目を付けられてたアヤカシに取り憑かれちゃいました。 ニャンコ先生に追い払われてもま
  • 2012/03/21 06:05

アニメ「夏目友人帳 肆」 第12話 記憶の扉 from 午後に嵐。

夏目友人帳 肆 2(完全生産限定版) [Blu-ray](2012/03/21)神谷浩史、井上和彦 他商品詳細を見る 帰ら、なくちゃ……。 「夏目友人帳 肆」第12話のあらすじと感想です。 家。 (あらすじ)
  • 2012/03/21 17:30

夏目友人帳 肆 第十二話 from あ゛ぁやっちゃったなぁ… ぉぃ… な毎日w

「記憶の扉」 一食の恩は犬も忘れないんだぞ!! ニャンコ先生  走る! 走る! 走る! ニャンコ先生ダイエット?   だがしかし、スタミナ切れで斑にww 自分の家
  • 2012/03/21 18:43

「夏目友人帳 肆 」第十二話 【記憶の扉】 from NEW☆FRONTIER

うどん屋を中心に考えろ! 夏目友人帳 肆 第十二話 「記憶の扉」 最後に一度だけ、幼い頃に父と過ごした家を見に行きたいと塔子たちに告げ、夏目は三世子という少女のいる親戚の家...
  • 2012/03/22 01:11

夏目友人帳 肆 第十二話 「記憶の扉」 感想 from 書き手の部屋

俺も帰ろう。大切な家に。 あらすじ 最後に一度だけ、幼い頃に父と過ごした家を見に行きたいと塔子たちに告げ、夏目は三世子という少女のいる親戚の家に、鍵を受け取りに向かっ
  • 2012/03/23 23:42

◎夏目友人帳肆第12話「記憶の扉」 from ぺろぺろキャンディー

=電車夏目が実家へ向かうニャ:おい夏目、駅弁を買え、話はそれからだ。夏目:お弁当ください。二つで。=電車乗り換えニャンコ先生ドアに挟まる。夏目:先にカギをもらいに行かな...
  • 2012/07/24 18:27

- from

管理人の承認後に表示されます
  • 2013/10/18 18:44

Trackback URL

http://littlelarklittle.blog.fc2.com/tb.php/63-011934fc

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

人見

Author:人見
平成生まれゆとり系女子。
アニオタというよりは、ぬるオタ。最近はのんびり肩の力を抜いて見られるアニメが好きです。
アニメの感想は人それぞれ違うのが楽しい。

カテゴリ

公式

ドラマCD「ボクたちオトコの娘」
輪廻のラグランジェ 応援バナー
戦姫絶唱シンフォギア

君と僕。
THE IDOLM@STER
Are you Alice?
グラール騎士団

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。