スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君と僕。 第2話「チューリップの咲いた日」

茉咲初登場ですね。
個人的に君と僕。に出てくる女性キャラはみんな好きなんですが…世間的にはどうなんだろう?


まずはじめに、茉咲は何故春に悪戯をしたのか。
何故わざわざ屋上へ来たのか。それは、誰もいない(と思った)場所だから。ここなら、自分の弱い所を誰にも見られないで済むからです。けれどそれを見られ、なおかつ手助けをされそうになります。それを逃げる様に断れば、普通ならこれで終わり。でも今回は違いました。春は彼女を追いかけ、そして絆創膏を渡します。
その後何故茉咲は屋上へ戻り、彼らのことを覗いていたのか。それは、春の事が気になったから。今までは、断ればみんなそれ以上自分に関わろうとしませんでした。でも、春は違いました。だから興味を持ち、屋上の様子を覗いたんです。もしかしたら、“ありがとう”と言いたかったのかもしれません。でも、何も言えませんでした。春の親切は彼女だけの特別な物ではなく、誰にでも平等な物だったから。
だから、春の優しさを独占したくなった。自分を見て欲しい、自分に興味を持って欲しいと思った。それが悪戯の理由。

素直に言えなかったけれど、貼られたままの絆創膏がそれを表していますね。


このエロ本、原作よりエロくなってますね。
これは図書室に元からあった物なのか…。それとも、茉咲が用意した物なのか。

このマネキンの悪戯、原作では吃驚した所で春の頭を要にぶつけていました。それに怒った要がマネキンを投げて先生に怒られる…というアニメよりもちょっとアクティブな感じになっています。
ここを変えたのは、後の石を投げつけられる部分を強調したかったからでしょうか?原作のままだと、この時点で要も被害にあったということになってしまいますから。悠太への被害(初めて無関係な人へ被害が及んだ事)を春が怒った理由にする方が自然ですね。
ちなみに、石は当てようと思って投げたわけではないです。でもよい子はまねしないでね!椅子引きもだけど。


アニメだと描かれていませんでしたが、祐希は何故か着替え中の教室の中へ大歓迎で引きずりこまれています。だから、教室を開けただけで香水や化粧品の匂いに酔ったわけじゃないんです。
羨ましい限りです。

今回どうしても違和感を感じてしまったのが、猫。
写真などの資料を見ながら描いたのか、ややリアル寄りな絵が多かったです。もう少しデフォルメを効かせてもよかったかな。集団で歩いてる猫は可愛かったです。

この猫はセクシー。

今回の話に出てきたチューリップですが、春の話のモチーフ以外にも役割があると思うんです。
この話、春と茉咲以外に注目すべき人物がいます。それは悠太です。

チューリップへの愛情が春の優しさで、春から見たチューリップが茉咲。そして、そのチューリップと春を見守るのが悠太。咲いたチューリップは春の優しさの結果であり、悠太から見た春本人でもあると思うんです。
幼稚園のチューリップの話を覚えていたのも、茉咲の気持ちに気付いたのも、今回の話をまとめたのも彼です。一歩引いた所でみんなのことを見守っている、そんなキャラクターなんですよね、悠太って。たとえ双子でも、彼は“お兄ちゃん”なんです。今回の話から、徐々に双子の性格の違いが顕著になっていきます。

次回は千鶴登場。楽しみです。

Pagination

Trackback

君と僕。 第2話「チューリップの咲いた日」 感想 from 超進化アンチテーゼ

偽善か、そうでないか。 佐藤さんはきっと疑り深いっていうか 天邪鬼っていうか 端的に面倒臭い性格なんでしょうね。それでいて、構ってちゃん。 じゃあそれに対してどうするかっ
  • 2011/10/11 18:24

君と僕。 第2話「チューリップの咲いた日」 from SERA@らくblog

少し大きい文字大凶 手書きのおみくじだと余計こわい(苦笑) 春はただ親切心で 怪我した茉咲に絆創膏をあげたのですが。 なぜか怒らせてしまい、いろいろ嫌がらせされるし(^
  • 2011/10/11 22:07

君と僕。 #2「チューリップの咲いた日」 from WONDER TIME

「大丈夫、君のその想いは 空振りなどしないから――」 女の子から地味な嫌がらせを受ける事になった春! 何を怒っているのか、彼女の本心は……    【第2話 あらすじ】 春の前...
  • 2011/10/11 23:31

君と僕。 第2話 感想「チューリップの咲いた日」 from 一言居士!スペードのAの放埓手記

君と僕。ですが、松岡春は屋上で転んだ後輩女子にバンドエイドを差し出します。この親切に後輩は「余計なことしないでよっ!」とムカっ腹を立てますが、春のバンドエイドが赤い花柄...
  • 2011/10/12 00:16

(アニメ感想) 君と僕。 第2話 「チューリップの咲いた日」 from ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

君と僕。 1【完全生産限定版】 [DVD](2011/12/21)内山昂輝、木村良平 他商品詳細を見る 春の前に、突然現れたヒザを擦りむいた小さな女の子。春は自分の持っていた 花柄のバンソコを彼
  • 2011/10/13 12:17

Trackback URL

http://littlelarklittle.blog.fc2.com/tb.php/4-a90d7b82

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

人見

Author:人見
平成生まれゆとり系女子。
アニオタというよりは、ぬるオタ。最近はのんびり肩の力を抜いて見られるアニメが好きです。
アニメの感想は人それぞれ違うのが楽しい。

カテゴリ

公式

ドラマCD「ボクたちオトコの娘」
輪廻のラグランジェ 応援バナー
戦姫絶唱シンフォギア

君と僕。
THE IDOLM@STER
Are you Alice?
グラール騎士団

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。