スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑記

秋アニメが終わったらどうしようかと思案中です。そもそも何となく始めただけの感想ブログでして、秋アニメの感想が最後まで書ければいいなーくらいしか考えていなかったもので…。それに、冬アニメで確実に見ようと思っている作品は夏目友人帳くらいなんですよね。まあ、ゆっくり考えます。
以下その他アニメの感想…というより、主にましろ色シンフォニーの感想です。あと、UN-GOも。

ましろ色シンフォニー
第10話を見る限り、このまま先輩ENDになるのでしょうか?紗凪ちゃんが何とも可哀相な展開ですが、それぞれのキャラクターの“成長”を描いた物語として見てみると納得出来ました。公式のアフレコ取材レポートを見ると、壱智村さんが「それぞれが成長していく過程を描いている作品」と言っています。
愛理ちゃんは言わずもがな、序盤で成長しましたよね。でも、決して瓜生君のことが(恋愛的な意味で)好きになったわけではないと思います。普通の男の子とは違っていたから“特別な存在”になっただけ。その特別という気持ちが本当に“恋”だったとしても、本人は気付いていません。
アンジェは第5話で大切なことに気付きました。それは“人のために尽くすということ”。まだまだ子供っぽい所が多いですが、第6話で桜乃と協力して夕食を作ったことで一方的に尽くすだけではなく“相手の気持ちを考える”ということも理解出来るようになったのかなと思いました。
桜乃は第7話と第10話を見比べてみるとわかると思います。第7話でみう先輩と出かけると言った時、あまりよく思っていないようでした。でも今回は瓜生君と先輩を二人きりにするために、わざわざアンジェと一緒に外に出て行っていました。でも正直、妹のエピソードはもう少し欲しいですよね。
みう先輩はここ数話で変わっていきました。今まで自分一人で抱え込もうとしていたのに、今回「頼むのは私なんだから」という“相手に頼る”台詞が出てきましたね。今までは思わせぶりな態度(お母さんの影響なのかなと思ったり…)をとっているのにガードが堅い(気付いていない)といった感じでしたが、第8話から第9話にかけて意識し始めます。自分より他人や動物を優先させる性格故に、他人に尽くしてもらうということがなかったんだと思います。
瓜生君の成長は先輩に告白したこと。瓜生君が唯一恋愛感情を抱いていたのがみう先輩でした。それに、椋梨君にも“年上好き”みたいなことを言われていましたね。今まで空気が悪くならないように努力してきた瓜生君。みんなに優しく接していますが、ある程度距離を置いているというか…先輩と同じように完全には他人に心を許さないタイプですよね。そんな彼が先輩に告白をしました。自分の気持ちを優先させました。それって、凄く勇気のいることだと思うんです。自分と先輩が“同じ”だと感じたからなのかもしれません。
そして、最後に紗凪ちゃん。彼女はまだ成長の途中。確かに子猫の名前や間の悪い電話などは可哀相でしたが、素直になれない紗凪ちゃん自身にも原因があります。ココアを渡す時も、後で冗談だよと言って渡す気だったのかもしれませんが、先に一つしかないと言ってしまったのが悪かったですよね。素直に渡せば、傷付かずに済んだのに…。でも恋敵がみう先輩というのも辛いですよね。恋敵ではなく「尊敬する先輩」と否定したことで、なおさら辛い気持ちが伝わってきます。素直になれない、悪循環。余計に墓穴を掘ってしまいます。
でも、次回予告ではちょっとだけ立ち直っているみたいですね。愛理ちゃんの「今日だけよ、あいつのことで泣くのは」という言葉もありますし。ここから完全に立ち直るのが、彼女の成長だと思います。
あと少しだけ言いたいこと。第4話で初めて紗凪の本性が出た所についてですが、もう少し伏線があってもよかったかなと思いました。先輩と仲がいいという描写しかありませんでしたよね。学校などで瓜生君を一瞬睨むカットがあってもよかったかも。

UN-GO
第8話を見ていたら話全体についてのことが思い浮かんだので、二つほど。
一つ目は風守が「新十郎様」と呼んだことについて。今までは「貴方」と呼んでいました。梨江も「探偵さん」や「新十郎さん」と呼んでいたのに、第6話で急に「新十郎」と呼び捨てになっていましたね。
UN-GOって、各エピソードの間にある程度時間経過があると思うんですよね。少なくとも一日以上経過していると思われます(第6話と第7話は繋がっていますが)。特に第4話から第5話にかけては、泉や梨江たちが風守に対して疑問を持ったりしていなかった所から何らかの出来事があったのではないかと考えられます。話数が少ないということもありますが、基本一話完結で、一話見逃しても大丈夫な作りにしたかったとのことなので(時間変更も多いですし)、その辺りも関係してくるのかなと思いました。それぞれの話はある程度独立していて、でも全体を見てみると繋がっている作り。
二つ目はUN-GOという作品自体について。最初の頃から“UN-GOはトリックや犯人捜しなどの推理部分に重点を置いていない”とよく言われていました。“ホワイダニット”がメインの作品…私も前にそう書きました。でもここ数話を見ていると、新十郎の心情がメインなのではないかと思ってしまうんですよね。
いわゆる“探偵モノ”で主人公の障壁となる物は“ハウダニット”と“フーダニット”。UN-GOの場合、新十郎の障壁となる物は“新十郎自身”だと思うんです。特に第2話と第8話の場合はそうですよね。安の夢が永遠に叶わなくなってしまうことと、戦争がなかった世界が消えてしまうこと。新十郎はためらっていました。小説家も新十郎は幻想から抜け出せないだろうと踏んでいましたね。
第6話で「君が真実を明かすのは何のためだ?」と麟六に聞かれて答えられなかった新十郎。因果が“御霊のため”と言っていましたが、それは本心ではなく建前。第5話で推理を間違ってしまったことにより、“何のため”なのかを見失ってしまった気がします。犯人は白朗であるという決めつけ、正義感。それによって見えなくなってしまった真実。そして、真実から目をそらさなかった第8話(これについては、安の事件も影響しているのかもしれません)。新十郎の心情を追っていくと、(根本は変わらなくとも)変化しているのがわかります。
そして因果の能力。因果の能力が万能ではないことは最初からわかっています。むしろ因果の能力があることで真実から目を背けられない。新十郎は逃げられないんですよね。「彼は必ず真実を、御霊を私に捧げる」という因果の台詞の通り、逃げられない。
やはり、こういう楽しみ方をしたいなら映画を見た方がよかったですよね。ホワイダニットの部分で楽しむのも勿論間違いではありません。ですがこういう細かい所まで見よう見ようと思っている人間こそ、因果論を見てから新十郎の心情について楽しむべきですよね。早くBD、DVD出て欲しいです…。見たい…。

Pagination

Trackback

- from

管理人の承認後に表示されます
  • 2013/10/18 18:44

Trackback URL

http://littlelarklittle.blog.fc2.com/tb.php/38-5fe6a376

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

人見

Author:人見
平成生まれゆとり系女子。
アニオタというよりは、ぬるオタ。最近はのんびり肩の力を抜いて見られるアニメが好きです。
アニメの感想は人それぞれ違うのが楽しい。

カテゴリ

公式

ドラマCD「ボクたちオトコの娘」
輪廻のラグランジェ 応援バナー
戦姫絶唱シンフォギア

君と僕。
THE IDOLM@STER
Are you Alice?
グラール騎士団

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。