スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君と僕。 第10話「on your mark」

今回は文化祭、千鶴と茉咲のお話でした。千鶴と茉咲の絡みが削られて、あきらくんの話をメインでやるのかと思っていたのですが逆でしたね。原作では文化祭は一日目、二日目と二日間に分かれていたのですが、一日目のお話がかなり削られていました。アバンのクイズも、要が7問連続正解という結果しか出てきませんでした。原作では、祐希のイケメンオーラで答えていないのに1点獲得するという離れ業をやってのけています。要はその後に6問連続正解しています。

要たちのクラスのお化け屋敷。千鶴はトイレの花子さん、祐希は鬼太郎、要は幽霊の格好をしていました。鬼太郎のコスプレに関しては、原作にはコピーライト表示、アニメにはEDの協力の所に水木プロと書いてありました。
お化け屋敷のセットですが、かなり凝っていましたね。机を積み上げているのがいかにもといった感じですが、セットや照明がかなり本格的。それにかなり広い教室ですよね。私が高校の時にやったお化け屋敷は、教室二つを無理矢理段ボールの道を作って繋げていました。途中段ボールが壊れたりして大変でした。他にも窓から光が漏れないように段ボールで目張りしたり、机が倒れてこないように一つ一つ固定したり…お化け屋敷って意外と大変なんですよね。
原作で茉咲たちがお化けに脚をつかまれる描写がありましたが、これはなくして正解。普通のお化け屋敷でもそうですが、セクハラなどのもめごとが起こる可能性があるのでお客さんに触れるのは厳禁なんです。
茉咲の手をにぎる千鶴。本格的に動き始める心。

ちょっと気になったのが千鶴のパンチラ。あそこは見せるにしても、短パンがよかったかなと思います。かなりノリノリな感じで女装したとしても、普通は短パンをはくと思うんですよね。悠太は長いドレスにも関わらず、下にズボンをはいていましたし。千鶴の場合、あまりそういうことは気にしなさそうではありますが…どうなんでしょう?

前回要の性格について書きましたが、しずねえとのやりとりで何となくわかったと思います。しずねえに生徒会に入っていることを「すごいねえ」と言われ、「別に」と否定しつつも「すごいよ、すごいなあ」の言葉に「はいはい。じゃ、すごいんじゃないですか?」と否定することを止めています。要の性格は、しずねえが影響しています。しずねえが「すごい」と言ってくれるから、褒めてくれるから要は頑張ってしまうんですよね。その後しずねえに「絶対頼りにしちゃうな」と言われて、赤くなったり。

昔の茉咲を知らない千鶴。今回春が“しつこく追いかけた”という過去を知ったことにより、茉咲が春を好きになった理由を知ります。これが後半のトイレの中まで追いかけてくるという所に繋がっています。

ちょっと面白かったのが、千鶴が悠太の格好を“白雪姫”なのに“シンデレラ”と言ったこと。茉咲の出た劇がシンデレラでした。茉咲のことを気にしている感じがするんですよね、この間違えって。むしろ茉咲しか見えていないというか…かなり惹かれているように感じられます。

しずねえの「いいなあ」という台詞。第5話の「楽しそうだなー」という台詞と同じですね。原作では要を見送るシーンに「いいなあ」という台詞はありません。この台詞を入れてきたということは、2クール目に要としずねえのお話があるのかな…と思ったり。

今回、出番がかなり削られてしまったあきらくん。東先生が「今度ちゃんと話さないとな」と言っていたので、今後また出てくると思います。もしかしたら、最終回が“VERY CHRISTMAS”になるとか?

トイレまで追いかけてきた千鶴。原作では春が茉咲の後をすぐさま追いかけ、女子トイレに逃げ込んだがために立ち往生し、千鶴だけが中へ入っていく…といった感じになっています。アニメでは、みんなで別々に探している感じでしょうか?春が茉咲を追いかけないということは考えられないので。千鶴が落ちていた尻尾を見て茉咲がトイレの中にいると気付く所は、“シンデレラ”と勘違いした所と一緒。あの尻尾だけで茉咲がトイレにいると確信し、ためらいなく中へ入っていくなんて普通じゃ出来ないですから。女子トイレの中は、茉咲の心の中。心の中へ無理矢理入り込む、その強引さがなんとも千鶴らしいですよね。
原作の“春は見つけたけれど中へ入れない”、けれど“千鶴は入っていく”というのも好きなのですが、話している間に空が赤くなる表現を見ると女子トイレの前で男4人が長い時間待ってるのもおかしいので仕方がないかなと思いました。
茉咲の「女子トイレまで追っかけてくるのも、あんたくらいよ」という台詞。春には出来ないことを、千鶴はやりました。それでも、元気づけるためには春についてのことを言うしかない歯がゆさ。

ねずみは“落ち込んだシンデレラを元気づける”役。千鶴が元気づけたのは茉咲。このメルヘン喫茶で茉咲が言った「ねずみって落ち込んだシンデレラを元気づける重要な役なんだから」という台詞もアニメオリジナルです。今回、所々オリジナルで追加された台詞が良い感じでした。

元気づけたのは千鶴、でも隣にいるのはやっぱり春。ほんの少しだけ茉咲に近付きましたが、その距離はまだ遠い…。

次回は祐希のお話です。今回の文化祭の話同様、二話分のお話なのでどこまで削られるかが少々不安です。もしかしたら、前半の話しかやらないとか?
残り3話ですが、来週が祐希のお話、その次に春の弟のお話が来ると思うんですよね。OPに出ているので。それで、最終回がクリスマスの話かなと…。OPのあきらくんの服装が、“VERY CHRISTMAS”の時の服装のような気がします。それに今回の東先生の台詞もありますし。個人的には、その前の“mary's christmas”も見てみたいのですが…!

Pagination

Trackback

君と僕。 #10 「on your mark」 from つれづれ

 千鶴を見ていると切なくなりますね。
  • 2011/12/06 20:43

君と僕。 #10「on your mark」 from WONDER TIME

「あの時握られた左手を思い出すと  体中が取り合いをして お腹の辺りがこそばゆくなる」 君との未来をあれこれ考えてしまう―― 劇で失敗して落ち込む茉咲の事を心配して後を追
  • 2011/12/06 21:01

君と僕。 第10話「on your mark」 感想 from 超進化アンチテーゼ

追いかけたい背中。 こう・・・あからさまに他の男と違う態度だと流石に空しくなるのも分かりますよね。 春ちゃんに対しては絶対的な信頼を見せるのに、 自分に対してはそっけな
  • 2011/12/06 21:37

君と僕。 第10話 「on your mark」 感想 from あくあぐらす~Aqua Glass~

色々とツッコみたい。本当にツッコミたい。 ↓このピンクの着ぐるみ(ウーパールーパー?)作り過ぎだろと言いたいw 中盤で何故か胴上げされてたり、この着ぐるみは一体何なんだwww
  • 2011/12/06 23:35

君と僕。 第10話「on your mark」 from SERA@らくblog

学園祭イベントは悲喜こもごもですね(^^; あのウーパールーパー軍団は何だったろうw あちこちいるなと思ってたらキャンプファイアで大量にいたし! ▼ 君と僕。 第10話「on...
  • 2011/12/07 00:55

君と僕。 第10話 感想「on your mark」 from 一言居士!スペードのAの放埓手記

君と僕。ですが、学園祭でお化け屋敷などをやります。鬼太郎に花子さんなどのコスプレもありますが、春の赤ずきんちゃんなども捨てがたいです。白雪姫とシンデレラの微妙な違いはよ...
  • 2011/12/07 09:27

「君と僕。」 第10話【on your mark】 from NEW☆FRONTIER

何か、変。 ついに迎えた文化祭当日。クラスの出し物で、お化けに扮する要たちや、メルヘンな衣装を身にまとう悠太たち。一方、茉咲は舞台で「シンデレラ」のネズミ役を演じるこ
  • 2011/12/07 10:26

君と僕。 第10話 from あ゛ぁやっちゃったなぁ… ぉぃ… な毎日w

「on your mark」 秋も深まり学園祭が始まった 自分の気持ちに違和感を持ち始めた千鶴  フラグが立ち始めましたね^^ 茉咲的にはまだ春ちゃんの方しか向いてないけど、
  • 2011/12/07 17:29

【君と僕。】10話 所々に登場するウーパールーパーが気になったw from にわか屋

君と僕。 #10 on your mark 760 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/12/06(火) 04:07:31.15 ID:71RmD/UM0 今週も面白かった 色々言われてるけど細々と楽しむこと...
  • 2011/12/07 19:22

君と僕。 第10話「on your mark」 from Spare Time

『ついに迎えた文化祭当日。クラスの出し物で、お化けに扮する要たちや、メルヘンな衣装を身にまとう悠太たち。一方、茉咲は舞台で「シンデレラ」のネズミ役を演じることになり、セ...
  • 2011/12/07 19:53

Trackback URL

http://littlelarklittle.blog.fc2.com/tb.php/36-deeb64ff

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

人見

Author:人見
平成生まれゆとり系女子。
アニオタというよりは、ぬるオタ。最近はのんびり肩の力を抜いて見られるアニメが好きです。
アニメの感想は人それぞれ違うのが楽しい。

カテゴリ

公式

ドラマCD「ボクたちオトコの娘」
輪廻のラグランジェ 応援バナー
戦姫絶唱シンフォギア

君と僕。
THE IDOLM@STER
Are you Alice?
グラール騎士団

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。