スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまゆら~hitotose~ 第1話「わたしのはじまりの町、なので」

OVAは全話視聴済みです。
一話は私の地元、横須賀が舞台という事で、出てきた場所について緩く紹介していきたいと思います。あくまで緩く、緩ーく。


まずOPの映像から、ちひろちゃんがぴょんぴょん跳ねてるシーン。桜小学校の横、坂本から鶴ヶ丘方面に行く道ですね。


汐入駅。アニメだと「ひいらぎ」になっていますが、汐入駅前にあるのはとんかつの「さぼてん」。
ちなみに、今汐入駅前にはたまゆらのパネルが貼ってあります。駅の中にもあるみたいですよ。


横須賀市立図書館。この周辺の場所もたくさん映ってましたが、あまり図書館とは縁がなくわからない場所が多いです。ごめんなさい…。老成生姜もこの辺りみたいですね。
涙もろいちひろちゃん、可愛いですね。友達の為に泣いてくれる良い子。


横須賀中央方面から汐入方面へ行く道ですね。下の絵の手前に真っ直ぐ行くと汐入、途中右にぐるっと回ると横須賀中央へ戻ります。


汐入駅付近の公園。先程の道を真っ直ぐ行くと辿り着けます。公園といってもこぢんまりとしていて、正面に交番があります。もう交番としては機能していないみたいですが…。


ぽっての登校シーン。この階段を上がった上に住んでいるのでしょうか。場所は汐入方面から坂本方面へ上がる坂の途中。汐入も横須賀中央も、繁華街から住宅地へ行くには坂道を登らなくてはいけませんね。汐入周辺は特に階段が多いです。


最初のキービジュアルとして発表された不入斗中学校から不入斗橋方面へ行く道。不入斗公園の横ですね。本当はみんなの進行方向とは逆の方向に学校がいくつかあるのですが、たまゆらでは向こうの方に学校があるみたいです。
ちなみにこの背景美術、汐入の写真展に飾ってありました。


ヴェルニー公園。横須賀駅の近くです。10月9日にトークショーが行われるのはここですよ。


ここがキービジュアルに使われた不入斗中学校の真横です。

実際の写真はこう。右は学校、左は住宅なので、迷惑にならないように…。

汐入はこの一話のみで終了なのでしょうか?せっかくイベントに力を入れているのだから、これだけで終わってしまうのは勿体ないしちょっと寂しいです。今後回想や旅行で戻ってくるとか、そんな展開があるといいな…。OPに映っていたはちひろは高校生のちひろだったし。横須賀・汐入は私の大切な場所、なので。
…あ、勿論竹原でのお話も楽しみですよ。かおたんものりえちゃんも麻音ちゃんも好きですから!

Pagination

Trackback

たまゆら〜hitotose〜 第1話 「わたしのはじまりの町、なので」 簡易草子 from まにまにな娯楽DAYS

「『たまゆら』の写真は見る人をちょっぴり幸せな気持ちにしてくれる。だから、私はこのカメラで『レッツフォト!』、なので!」by沢渡楓 「行ってらっしゃい、ふうにょん!私も
  • 2011/10/05 11:53

(アニメ感想) たまゆら 〜hitotose〜 第1話 「わたしのはじまりの町、なので」 from ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

たまゆら〜hitotose〜第1巻 [Blu-ray](2011/12/21)竹達彩奈、阿澄佳奈 他商品詳細を見る 癒しアニメがいよいよ登場!疲れきったあなたの心に、一服の清涼剤・・・ ↑ポチって押して頂ける
  • 2011/10/05 11:54

たまゆら〜hitotose〜 1話感想 from つぶかぼアニメ感激ノート

OVAシリーズが先行してリリースされていましたが、TVシリーズもいよいよ開始です。 「ARIA」シリーズを筆頭に癒し系アニメの代名詞といってよい佐藤順一監督の原作・構成。 条件反射...
  • 2011/10/05 12:14

Trackback URL

http://littlelarklittle.blog.fc2.com/tb.php/3-0ba52769

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

人見

Author:人見
平成生まれゆとり系女子。
アニオタというよりは、ぬるオタ。最近はのんびり肩の力を抜いて見られるアニメが好きです。
アニメの感想は人それぞれ違うのが楽しい。

カテゴリ

公式

ドラマCD「ボクたちオトコの娘」
輪廻のラグランジェ 応援バナー
戦姫絶唱シンフォギア

君と僕。
THE IDOLM@STER
Are you Alice?
グラール騎士団

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。