スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UN-GO 第6話「あまりにも簡単な暗号」

謎の小説家登場。そして、最後には別天王もちょっとだけ出ていました。
丁度話は折り返しなので、この回がターニングポイントになるかと思います。何と言っても、今回の原案は“アンゴウ”ですからね。

今回、暗号に関しては原案と一緒なんですよね。原案でも子供の書いた暗号で、主人公の妻が浮気していたんじゃないかと疑うというお話です。それ故に、原案通りではなく本当に麟六が関わっているのではないか…と思ってしまいました。原案を読み、なおかつ今まで原案通りに、一筋縄ではいかなかったからこそのミスリード。

今回の話でのポイントは二つ。
一つ目は新十郎の「警察庁のデータベースに矢島タカ子の指紋か…」という台詞。原稿用紙にあった指紋、データベースにあったのは矢島と妻のタカ子のものだけでした。何故タカ子の指紋が警視庁のデータベースにあるのか。これはタカ子のネグレクトの件で登録されたのでしょう。隠蔽されただけで、多分児童虐待として裏で処理されているはずです。毎回報告書の参考欄に真実が書かれているので、事件として扱われなくてもデータくらいは残っているはず。新十郎も“警視庁のデータベース”という所が引っかかっていたみたいでしたから、タカ子が何らかの事件を起こしていた可能性について考えていたのではないでしょうか。
二つ目は矢島が小説家に本を渡されて「私も一冊持っている」と言ったこと。これで麟六の蔵書である可能性と、矢島の蔵書である可能性が出てきます。小説家の手によって蔵書印が押されたために、ややこしいことになってしまいましたが。

因果がペットボトルをにぎっていたのは、矢島がタカ子の首を絞めることの暗示ですね。今回因果が「お前の子供たちは何処だ?」とタカ子に聞いても、事件は解決しなかったでしょうね。何処かへ行った、私のせいだ、私が殺した、といった答えしか出てこないと思いますから。ただ記憶が曖昧な人に対しての質問がどうなるのか(心の奥底、閉ざしてしまった物まで呼び起こすことが出来るのか)気になりますが。

今回の話で、どうしても腑に落ちなかったことが。それは“破かれた子供の描いた絵”と“古本屋へと売られた蔵書”について。
どうして“目が見えなくなってから”絵を破いたり、本を売ったりしたのでしょうか?見えないのなら、あってもなくても変わらないと思います。まるで、子供のいた形跡を消しているようにも見えるんですよね。まあ冷静な判断が出来なかった、存在していること自体が嫌だったと言われたらそれまでですが。
でも麟六とタカ子、二人の間には本当に何もなかったのでしょうか?麟六が盗難を疑わなかったというのも気になりますね。麟六は本が確実に手元にあると確信していました。メイドに対して「オークションに出したりしてないよね?」と言っていたのに、絶対にあると確信していたのです。虎山レポートに“出品予約登録をしていた古書が大量に出品された”ことで気付いたと書かれていますが、こんな一般の古本屋に勝海の蔵書を売るでしょうか?古本屋全体が繋がっていて、一ヶ所で管理しているようなシステムなら、本を売ったり出品されたのを確認出来たりしてもおかしくはないのでしょうが。それでも、普通の古本屋に売るでしょうか?それこそ、オークションに出したりした方が高値で売れると思うのですが…。
この辺りに関しては、麟六とタカ子の関係以外に麟六と小説家との関係も疑わしいですね。小説家の、本を“ここに入れられる前に”手に入れたというのは、多分嘘でしょうね。本を手放したのは一年前。その間麟六よりも先に手に入れなければなりません。それに、本当にここ一年以内に入所したかどうかも怪しいです。
本当に、麟六は偶然本が売られているのを見つけたのでしょうか?タカ子は、本当に視力を失った後に本を売ったのでしょうか?虎山レポートを見ると、“タカ子が視力を失った事実”の後に“麟六が古本を買ったこと”が書かれています。この二つが前後している可能性はないでしょうか?視力を失った日付はあまり前後出来ませんが、古本を買ったのは泉に「古本が出品されていたから買った」と言えばいいだけです。いくらでも前後出来ます。
それに、出品されていた本ばかりに暗号が挟まっているんですね。矢島宅にはまだまだ大量の本が残されているのに。あの中には暗号はないのでしょうか?もしもない場合は、暗号の挟まれている本だけが選ばれて売られたことになります。そして、暗号にあったのは矢島の指紋とタカ子の指紋。タカ子の指紋は偶然ついたのでしょうか?それとも、タカ子もあの暗号を見たのでしょうか?そして、あの暗号に小説家の指紋がなかったのは何故なのでしょうか?彼の指紋もデータベースに登録されているはずですよね。あの原稿用紙に触れなかったのでしょうか?
他にも麟六は過去六回、頻繁に矢島邸を訪れているのに矢島が出所してからは一度も来ていませんね。
麟六とタカ子が関係を持っていた以外に、子供たちは暗号遊びを昔からやっていて、それを偶然タカ子が見つけて狂ってしまったとか…。色々考えられますが、まだまだ考えがまとまらず。

「真実は常に一つだろうか?」…麟六の台詞ですね。作られた真実、本当の真実。それ以外にも、それぞれ違う人間から見た真実が存在します。同じ物を見ても、人によっては違う真実が見えてきます。
視聴者一人一人にも、違う真実がある…そういう意味合いもあるのでしょうか?もう少しじっくりと考えてみたいと思います。

風守は、あの人間の体ではネットワークに繋げないんですね。携帯電話を使っていました。駒守の話を思い出してみると、無線の届く距離でしか繋げないような感じなのでしょうか?一方、ぬいぐるみはネットワークで語彙を拾ってくることが出来ます。つまり、ネットワークに繋ぐにはぬいぐるみの体の方が都合がいい。だから、ぬいぐるみの体でいる方が多いのでしょうかね?

クレープ、美味しそうでしたね。まさかUN-GOを見てお腹が空くとは…!甘くない物はクレープ・サレというらしいです。蕎麦粉を使った物をガレットということぐらいしか知りませんでした。
ここのシーンはただクレープを食べるだけではなくて、新十郎が行っていたのが“東南アジア”だということがわかります。まあ、映画のあらすじにも“アジアのとある国”と書いてありますけどね。
他にも梨江の母親は梨江が三歳の時に亡くなったと言っていましたね。

別天王とは一体何者なのか。もしも因果と同じような存在なら、御霊や人を食ったりするのでしょうか?だとしたら、あの小説家は自分の描く物語で人を殺し、別天王に与えようとしているのでしょうか?映画を見れば別天王についてわかると思うのですが、あいにく公開中に見に行けそうになく…。明日からの公開でしたっけ?ネタバレを見ないように頑張ります…。

来週は過去の話なのでしょうか?原案が推理小説ではないみたいなので、どんな話になるのか…。楽しみです。

Pagination

Trackback

UN-GO 第六話 感想 from 知ったかアニメ

真実は常に一つだろうか 「UN-GO」第六話感想です。 UN-GO 第2巻 初回限定生産版Blu-ray(2012/02/24)勝地 涼、豊崎愛生 他商品詳細を見る
  • 2011/11/18 20:24

UN-GO 第6話「あまりにも簡単な暗号」 from Spare Time

『新十郎のもとを民間刑務所を出たばかりの男が訪れる。男の名は矢島。政治犯として3年間を刑務所で過ごしたが、もともとは評論家で、海勝とは古い友人だという。矢島が依頼したの...
  • 2011/11/18 21:00

「UN-GO(アンゴ)」 第6話【あまりにも簡単な暗号】 from NEW☆FRONTIER

そのくせ、恋なしに人生は成り立たなぬ。  新十郎のもとを民間刑務所を出たばかりの男が訪れる。男の名は矢島。政治犯として3年間を刑務所で過ごしたが、もともとは評論家で、
  • 2011/11/18 21:22

UN-GO 第6話「あまりにも簡単な暗号」 感想 from 日刊アニログ

君は私に選ばれたんだこの世界最後の名探偵として 民間刑務所を出所した麟六の学生時代の友人である矢島。 麟六の蔵書に挟まっていた暗号について矢島から調査を依頼される新十郎
  • 2011/11/18 21:53

UN-GO 第6話 「あまりにも簡単な暗号」 感想 from あくあぐらす~Aqua Glass~

おっきな事件の序章となるのでしょうか。 という事で、全く需要の無い駄文。今回もはっじまるよ~。
  • 2011/11/18 23:24

UN-GO 第6話 「暗号 - cipher -」 from 物理的領域の因果的閉包性

サイファー 【cipher】 ・ 暗号、暗号文、暗号を解くかぎ。 ・ (数字の)零、0。 ・ 価値のないもの[人]。 ・ 自鳴[オルガンの故障のため鍵盤操作と関係なしに出てしまう音]。 【c...
  • 2011/11/19 00:45

UN‐GO第6話感想 from うたかたの日々別館

記事はこちら(TBもこちらへ) 元記事はhttp://sigerublog.txt-nifty.com/utakata/2011/11/ungo-f5af.html
  • 2011/11/20 18:19

[アニメ]「UN-GO」6話 from 懐柔する怪獣

前回リンク 簡単な暗号回。 単品のストーリー的には「アレ?」と首をかしげたけど、助手2人の頑張りがアニメ的に面白かったので楽しく観れた。今週、ミル姉さんの強制告白不発だっけ
  • 2011/11/22 23:33

UN-GO 6話 from アニメ徒然草

NTRと思ったら勘違いだった。 密会の暗号と思ったら子供の遊びだった。 子殺しと思ったら育児放棄だった。 事故と思ったら自傷だった。 死んだと思ったら生きてた。 ミキシンは案
  • 2011/11/23 15:04

UN-GO 第6話 「あまりにも簡単な暗号」 from 世の為人の為に生きたいけど感想も書きたいブログ

面白いんですけど、あんま書くことないな。 捏造を行う海勝会長との対立点(目的の為に真実を歪める、隠蔽する)を描いていく意図だったのでしょうが、こうなると海勝(あと虎山
  • 2011/11/23 23:33

◎UN-GO第6話「あまりにも簡単な暗号」 from ぺろぺろキャンディー

社会復帰更正センター。刑務所らしい。ヤジマさんが出所してくる。依頼にきた。所内で、男にリンロクの本を貰う。中から、暗号の書いた紙がでてきた。ヤジマの原稿用紙だったので、...
  • 2012/04/08 19:02

- from

管理人の承認後に表示されます
  • 2013/10/18 15:51

Trackback URL

http://littlelarklittle.blog.fc2.com/tb.php/28-e1b120b6

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

人見

Author:人見
平成生まれゆとり系女子。
アニオタというよりは、ぬるオタ。最近はのんびり肩の力を抜いて見られるアニメが好きです。
アニメの感想は人それぞれ違うのが楽しい。

カテゴリ

公式

ドラマCD「ボクたちオトコの娘」
輪廻のラグランジェ 応援バナー
戦姫絶唱シンフォギア

君と僕。
THE IDOLM@STER
Are you Alice?
グラール騎士団

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。