スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UN-GO 第5話「幻の像」

灯台もと暗し。近くに真実があるのに、近すぎて気付かない。
そして、固定観念。一つのことばかりに気を取られ、視野が狭くなってしまう。他のことが考えられなくなってしまう。
今回、新十郎が今までよりも“人間臭く”描かれていたと思います。今までは、どちらかといえば完璧な人間として描かれていました。それが今回、風守の格好を見て赤面したり、トイレの手拭きを全部もらっていったり、犯人を間違えたり…かなり印象が違います。前半の新十郎のはなから白朗を毛嫌いし、犯人だと思い込んでいる様子がいつもより粗暴な言動から伝わってきますね。前半に感じる粗っぽさは新十郎の心情からの物。女因果には“ずいぶん張り切っているのね”と言われていました。

新十郎が見た幻。それは血の涙、その意味。死んでいった三人の悔しい気持ちは幻。そして、葉子の思いも幻。
新十郎にブロンズ像の感想を言われた時の、葉子の困ったような顔。彼女は人を殺した犯罪者です。“死ぬのは嫌だ”なんて思いは、全くもって込められてなんかいません。自分の作品に死体を入れるくらいですから。何か込められていたとしたら、それは己の欲望のみです。美談の裏に隠された欲望、葉子も白朗も同じですね。
梨江の「美人に騙されるなんて」という台詞の裏には“女の(血の)涙に騙される”という意味もありそうで思わずくすり。

新十郎は「自分を知っている」と言いました。でも、本当は知らない。客観的に見ているようで、本当は謙遜や自虐という思いで歪められた自分という名の虚像しか見ていない。まさに“灯台もと暗し”です。R.A.Iである風守には、人間のまどろっこしい考えは理解出来ません。でも、そのまどろっこしい考えを取っ払ったシンプルな本質なら十分に理解出来ます。勿論風守だけでなく、因果や梨江も新十郎という人間について理解しています。
自分で自分を見るのは難しいです。鏡に映った自分しか見ることが出来ません。その鏡が第三者だとしたら?第三者から見た自分はどうなっているのか。想像した先にある自分が、“自分の思う自分という人間”です。そして、自分以外の人間は“ありのままの姿”を見ることが出来ます。

はたして、三人の若者の死とは何だったのか。自らの意志であれ、白朗の自作自演であれ、彼らの死は美しい物です。でもその真実は生きている者に曲げられたり、お金儲けの道具にされたりすることもあります。しかし、生きている者にそんな権利はありません。それは美しい物を汚す行為。汚したのは白朗だけではなく、葉子は勿論、彼らのことを“立派じゃない”と言った新十郎も。
(追記。そういえば白朗は新十郎に言われるまで、像に血の涙がついていることに気付いていなかったんですよね。元のデザインを知っていたのに。三人の若者の美談なんて、やはりただのお金儲けの道具でしかなかったのでしょうか?)
最後に新十郎がブロンズ像を見たのは、状況はわからなくとも“立派だった”彼らへの思い?この先、真実を暴くことで汚してしまうかもしれない事柄への宣戦布告?…この辺りは色々な解釈が出来そうですね。

今回で明らかになったことは二つ。
一つ目は新十郎は“この戦争の最初の犠牲者だった若者たちと関係があった”らしいということ。これが第1話のシーンのことなのでしょうか?それにこの戦争での出来事が、新十郎の“戦争に美談はない”という考えに至った理由のような気がします。新十郎の“愚かで無力”という言葉から、誰か(倉田由子たち?)を救えなかった?
二つ目は新十郎は因果に“人を殺させない代わりに真実を与える”と約束したこと。多分、一つ目のことに関わってくることだと思います。因果が人を襲っていた?あるいは、因果に襲われそうになった?それを食い止めるために、新十郎は因果にこの条件を出したのでしょうか。今回、新十郎は女因果のことを“上司みたいなもん”と言っていましたね。相棒と言っていいのかどうか怪しくなってきました。
會川昇さんのtwitterによると、映画を見ていなくてもアニメだけでちゃんと完結するとのことなので、本編で出てきた伏線は本編で回収されると思うのですが…。

そういえば、今回の風守の衣装は駒守の趣味が反映された物みたいですね。やはり、駒守にそういう扱いをされていたということでしょうか。

今回の話の一番注目すべき点は新十郎自身だと思います。彼の今までの思考には過去の出来事が関わっており、風守たちのおかげで気付けたことはこれからの展開に関わっていくと思うのです。
次回「あまりにも簡単な暗号」の原案は“アンゴウ”。そこ☆あに#190UN-GOというタイトルにはいくつかの意味があり、その内の一つが“アンゴウ(暗号)”であると言われていました。そして、登場人物相関図にいる小説家という人物。會川昇さんのインタビューに“「坂口安吾さん自身」なのでは?と思うようなキャラクター”が出てくると書いてあるのですが、これがそのキャラクターでしょうかね。これまたキャストが卑怯らしいのですが…。勝地さん繋がり、ハガレン繋がりで小栗旬が出てきたらちょっと面白いと思ったり。…ないか。
丁度折り返しになる話なので、ここから別の方向へと物語が進んでいくのではないかと思っているのですが…はたして。重要な回ではありそうですね。来週も楽しみです。

Pagination

Trackback

UN-GO 第五話 感想 from 知ったかアニメ

美しいのは死んだ彼らだけだ 「UN-GO」第五話感想です。 UN-GO 第1巻 初回限定生産版Blu-ray(2012/01/27)勝地 涼、豊崎愛生 他商品詳細を見る
  • 2011/11/11 20:09

UN-GO 第5話 「幻の像」 感想 from あくあぐらす~Aqua Glass~

すんごいさり気なく因果の事が語られていてビックリwww
  • 2011/11/11 20:29

UN-GO 第5話「幻の像」 from Spare Time

『戦時中、日本を狙うテロリストとの徹底抗戦を謳う政治結社「日輪の会」の決起集会が開かれた。その会場に爆弾を積んだトラックが突入するテロが発生。主宰の衆議院議員・島田白朗...
  • 2011/11/11 20:46

UN-GO 第5話「幻の像」 感想 from 日刊アニログ

新十郎、探偵辞めたりしないよね? 戦争テロで亡くなった英雄達を讃える像の除幕式で起こった殺人事件。 島田白朗に対して複雑な感情を抱く新十郎は推理の目を曇らせ判断を誤って
  • 2011/11/11 22:06

UN-GO 第5話 「メノンのパラドックス - Meno's paradox -」 from 物理的領域の因果的閉包性

新十郎は 『偉いのは、美しいのは、死んだ彼らだけだ。』 と言っていましたが、他人のために死んだり生きたりするのも愚かだと思いますけどね。 『探求の対象が何であるかを知って...
  • 2011/11/12 01:36

UN‐GO第5話感想 from うたかたの日々別館

記事はこちら(TBもこちらへ) 元記事はhttp://sigerublog.txt-nifty.com/utakata/2011/11/ungo-ea30.html
  • 2011/11/12 19:17

[アニメ]「UN-GO」5話 from 懐柔する怪獣

前回リンク トロイの木馬回。又は挫折と再生回。これが最終回でも良いんじゃないかな。 主人公探偵が犯人を間違って指し示す、という探偵ものジャンルなら最高に盛り上がるエピソー
  • 2011/11/12 19:48

「UN-GO(アンゴ)」第5話【幻の像】 from NEW☆FRONTIER

俺が暴きたいのは、汚れた嘘だけだ。 戦時中、日本を狙うテロリストとの徹底抗戦を謳う政治結社「日輪の会」の決起集会が開かれた。その会場に爆弾を積んだトラックが突入するテ
  • 2011/11/13 00:44

UN-GO 第5話 「幻の像」 from 世の為人の為に生きたいけど感想も書きたいブログ

いやあ、今週は面白かった。というか好みの話でしたね、きちんとバランスがとれていて。 結城新十郎が「戦場には美談などなく英雄もいない」と言い出した時はげんなりしたのですが
  • 2011/11/17 06:47

UN-GO 5話 from アニメ徒然草

特攻なんか誰でも嫌に「決まってるだろ」という理屈。 いやー、まるでどっかの上条さんみたいですね新十郎さん。 そりゃまあ、誰だって自ら命を捨てるなんて嫌だろうけどさ。 三人...
  • 2011/11/17 11:17

◎UN-GO第5話「幻の像」 from ぺろぺろキャンディー

アムロが演説する。爆弾テロは私を目標にしてた。支持者の青年がトラックを運転して爆死した。島田ハクロウに騙されるなと、右翼の人が抗議。島田ハクロウ議員は、像を披露する。ユ...
  • 2012/04/08 18:22

- from

管理人の承認後に表示されます
  • 2013/09/23 15:15

Trackback URL

http://littlelarklittle.blog.fc2.com/tb.php/23-8bfa7fb4

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

人見

Author:人見
平成生まれゆとり系女子。
アニオタというよりは、ぬるオタ。最近はのんびり肩の力を抜いて見られるアニメが好きです。
アニメの感想は人それぞれ違うのが楽しい。

カテゴリ

公式

ドラマCD「ボクたちオトコの娘」
輪廻のラグランジェ 応援バナー
戦姫絶唱シンフォギア

君と僕。
THE IDOLM@STER
Are you Alice?
グラール騎士団

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。