スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UN-GO 第4話「素顔の家」

告知の通り、今月からキャプチャー画像を貼るのをやめます。ご了承下さい。


前後編の後編です。今回は前回の考えと照らし合わせながら書いていきます。…まあ、ちょっとかすったかな?程度でほとんど外れていましたが…。

まず焼死したのは誰か。それは屋敷に侵入した工作員。公共保安隊がR.A.Iの情報を欲しているのか、隠しているのか、前回全く語られていなかったのでここに気付くのはほぼ無理ですね。しかし、“外部の人間”という考えは前回の情報だけでも出せます。どうにも“内部の人間”という考えに固執しすぎてしまいました。停電は監視カメラなどの警備システムのダウン。内部にいた人間の数が減っていないということは、外部犯、あるいは既に死んでいる人間、もしくは内部の人間と誰か(何か)が入れ替わっているという三つの考え方ができます。ここで、どうしても駒守という考えから離れられませんでした…。内部の人間にこだわりすぎると、その内部のみの動機を考えてしまい他の可能性まで頭が回らなくなってしまいます。

多久医師はR.A.Iだった。これに関しては、考えついた人は意外と多かったかもしれませんね。いくら事情を知っているからといって、人間を側に置いておくのは危険です。発火に関しては、風守が犯人とした時にそのトリックを思いついている方が多かった気がします。停電の時、風守が外にいたのは誰かが離れに入ってこないようにしていたのでしょうか。停電で監視カメラが使えませんから。多久医師と駒守が入れ替わっているのではないかと思っていたのですが、ちょっとかすった程度でした…。そして、爆死したのは多久医師。多久医師がR.A.Iという所から、この結論に辿り着けますね。多久医師だと気付かれなかったのは、爆発で判別できないくらいの状態になってしまったからでしょうか?かろうじて人のような物があったとか…。

やはり、前回の推理は原案を意識しすぎていましたね。どうしても“家族の誰かが、駒守と風守のことを隠蔽しようとした”という考えから離れられませんでした。

軍事利用するのも、己の欲望のために人間の代わりとして犯し、壊すのも、どちらも結局は変わりません。駒守は人間を傷つけたくないと言いました。でもR.A.Iを人間と同様には扱わず、風守の入ったぬいぐるみを壊しました。R.A.Iにも自我があります。木々彦と糸路を犯人にしたくないと思ったことは、とても人間らしい判断です。正しいことを愛したR.A.Iと、悪いことを選んだ人間。そして、光子の「正しいことをしたんですね」という台詞。人間より人間らしいR.A.I、皮肉ですよね。
風守は車の中では新十郎に何も聞かず、人間が喜ぶからと奉仕しようとしていましたが、最後には「私にできることはありますか?」と質問しています。主従関係ではなく、恩人である人間への接し方に変化していますね。これはやはり、新十郎に人間と同じような扱いを受けたからでしょう。

その他に、今回気になった点が三つ。
一つ目は速水。真面目すぎてギャグキャラになっている感じがしますね。泉にも呆れられていますし。何だか原案のふんどし姿の速水や、泉山などのボケキャラの役目を一気に背負わされた感じですね。嫌いじゃないです。ひょっとして何か裏があるんじゃないかと言われていますが、まだまだ出番が少ないのでわかりませんね。
二つ目は海勝は何処まで本当のことに気付いていたのか。風守がR.A.Iということに気付いていたようでした。否定していましたが。R.A.Iはネットワークにアクセスしなければならないので、アクセスした形跡などから気付くのは可能だと思います。前回木々彦と糸路が怪しいと言ったのは、風守のことを試したのでしょうか?今回のやりとりで、検察側は海勝に上手いこと操られているような感じがしました。掌の上で踊らされているような…。
三つ目は因果とは何者なのか?全世界のネットワークからも、情報は一切出てきませんでした。“人の残した思い”という台詞から、因果はこれを食っているみたいです。それに、やはり人に対してしか能力は使えないのですね。“人を満足させるR.A.I”と“自らの満足を求める因果”。対照的な存在として描かれている気がします。そして、公共保安隊を襲った因果の影。さすがに殺すなんて荒っぽいことはしていない気がしますが、あの後公共保安隊の人たちはどうなったのか…。因果の言った「帰ってきたんだよ、戦争が」とは一体…。今回で、新十郎の口から「戦場に行った」という言葉が出ました。やはり、新十郎と因果の出会いには、戦争が関係しているのでしょうか?

公式サイトが更新されてるみたいですね。因果論の情報が載っています。女因果にどことなく似ている女性、倉田由子。新十郎の過去とどう関係してくるのか?他にも、OPやEDに出ている大野妙心や別天王が気になります。アニメの方にも出てくるのでしょうか?

Pagination

Trackback

UN-GO 第四話 感想 from 知ったかアニメ

人間は正しいことを愛する 「UN-GO」第四話感想です。 How to go(アニメ盤)(期間生産限定盤)(DVD付)(2011/12/07)School Food Punishment商品詳細を見る
  • 2011/11/04 18:55

UN-GO 第4話「素顔の家」 from Spare Time

『先代の佐々駒守は、人工知性の研究者としてREAL AI ―R.A.I― と呼ばれる画期的な人工知能を開発していた。だがそれは7年前に新情報拡散防止法に抵触するとして禁忌の技術として葬り
  • 2011/11/04 21:37

UN-GO#4「素顔の家」感想 from おぼろ二次元日記

佐々風守を殺したのは一体、誰?!7年前、そして今。燃える死体の素顔は・・・。「素顔の家」あらすじは公式からです。先代の佐々駒守は、人工知性の研究者としてREALAI―R.A.I―と呼...
  • 2011/11/05 00:19

UN-GO 第4話 「堕天使 - a fallen angel -」 from 物理的領域の因果的閉包性

EDに出てくる謎の少女は風守だったんですね。どうやら結城探偵事務所の仲間入りをするみたいなので今後の活躍に期待です。 新十郎の 『俺たちはただ生きて、堕ちるだけだ。』 とい
  • 2011/11/05 01:16

UN-GO 第4話「素顔の家」 感想 from 日刊アニログ

私に出来ることがありますか? 今まで人間だと思われていた風守が人工知能を搭載したR.A.Iであると判明。 しかし風守が人間でないとすると焼死した者が誰なのか殺したのは誰かという...
  • 2011/11/05 10:32

UN‐GO第4話感想 from うたかたの日々別館

記事はこちら(TBもこちらへ) 元記事はhttp://sigerublog.txt-nifty.com/utakata/2011/11/ungo-0692.html
  • 2011/11/05 11:41

【UN-GO】4話 次回予告の風守タン ブヒィィィ!! from にわか屋

UN-GO #04 素顔の家 65 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/11/04(金) 01:22:36.30 ID:CcONB0mA0 イヴの時間ぽいな Bは室内の説明台詞だけでオワタ 70 名前:風...
  • 2011/11/05 13:01

UN-GO 第4話 「素顔の家」 from 青いblog

How to go(アニメ盤)(期間生産限定盤)(DVD付) 坂口安吾「明治開化 安吾捕物帖 “万引一家”“覆面屋敷”」より 脚本:會川昇 / 絵コンテ:三條なみみ / 演出:京極尚彦 / 作画監督:只...
  • 2011/11/06 19:51

UN-GO 4話 from アニメ徒然草

戦争と欲望にまつわるエトセトラ。 すごく…會川です…。 まさしく言いたい放題だが、あくまで話の流れに沿っているため、やりたい放題ってほどでもない。 そこらへんの線引きをし...
  • 2011/11/10 10:22

Trackback URL

http://littlelarklittle.blog.fc2.com/tb.php/19-7d9b672a

Comment

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2011/11/04 20:28

人見

ご指摘ありがとうございます。すみません、誤字脱字が多くて…。
舞台挨拶、気になりますね。私は行けそうにないですが…。映画自体BD待ちになりそうです。
  • URL
  • 2011/11/04 21:49

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2011/11/06 22:32

人見

もし行かれるのであれば、私の分まで楽しんで来て下さいね。

倉田由子と因果については、第1話の最初シーンがあるので無関係ではないと思うのですが…はっきりとはわかりませんね。風守と別天皇もOPを見て似ているなと思っていたのですが、関係なさそうですし。

あくまでこのブログに書いてあることは個人的な考えであり、物凄く偏った物だと思うので「こういう考えもあるのか」程度で読んで下さい。間違っていることも多いと思うので…。
UN-GOは他の方の感想を見つつ、何回か本編を見直して、ああでもないこうでもないと自分なりに考えるのが面白いアニメかなと思っています。
コメント、ありがとうございました。
  • URL
  • 2011/11/06 23:22

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

人見

Author:人見
平成生まれゆとり系女子。
アニオタというよりは、ぬるオタ。最近はのんびり肩の力を抜いて見られるアニメが好きです。
アニメの感想は人それぞれ違うのが楽しい。

カテゴリ

公式

ドラマCD「ボクたちオトコの娘」
輪廻のラグランジェ 応援バナー
戦姫絶唱シンフォギア

君と僕。
THE IDOLM@STER
Are you Alice?
グラール騎士団

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。