スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君と僕。 第5話「いつかの夏」

告知の通り、今月からキャプチャー画像を貼るのをやめます。ご了承下さい。


しずねえ初登場です。前回は写真でのみの登場でした。茉咲から春へ、要からしずねえへ、そして千鶴から茉咲への淡い気持ち。それぞれの恋の行方はいかに…。

序盤、今まで描けなかった分の千鶴と茉咲の絡みが足されていました。自転車ですれ違ったり、スイカを運んでいるシーンですね。原作では千鶴が茉咲のことを“メリー”と呼び始めるのは七夕の話(前回の冒頭)からなのですが、夏祭りからになっていますね。原作だと「羊っぽいじゃん」の一言だけで、特にきっかけなど詳しく描かれていないんです。アニメではスイカを持って歩く後ろ姿や、人混みに流される姿を見て羊っぽいと言っていましたね。
今まで、どうして千鶴と茉咲の絡みがが削られていたのか。原作ファンとして、一番気になっていた部分です。今までの話を見ていると、どうも話の本筋だけをクリアに見せるために削られているような感じでした。でも、今回の話でちょっとその考え方が変わりました。今回、“千鶴は茉咲のことをあまりよく知らない”という部分が目立ちました。人に手助けされるのが嫌いなことや、春ことが好きということなど。漫画では“女の子として意識していない”感じだったのですが、アニメでは“そもそもあまり興味がなかった”という感じになっているんですね。それが、今回の話でようやく気になる存在になりました。今まで二人の絡みが削られていたのは、ゼロに近い状態からの変化を描こうとしたから。私はそう思います。

千鶴が双子を遊びに誘ったシーン。漫画ではRPGのようなゲームなのですが、ガンシューティングに変更されています。これはその後に射的をするシーンがあるからですね。今回、前半に出てきた小物が後半生きてくる場面が多かったです。千鶴の所持金とか、あめ玉とか。とても丁寧な作りだと思いました。
春と千鶴が一緒にお菓子作りをしているシーン。丁寧に描いていましたが、あのシーンはお花飛ばしたりイメージ背景にした方がよかったかも。千鶴が限界を迎えるまでがちょっと唐突。もう少し異質感みたいなものを出して欲しかったです。

しずねえ登場。今回の話で唯一“大人”として描かれています。要の「理由なんか本人にだってわかんねーもんだろ、好きとか嫌いなんつーのはさ」という台詞は、自分のこと。そして多分、今後の千鶴のこと。

射的の最後の玉が命中した時、直接玉の当たったシーンと映すのではなく鳥居を映したのは面白かったです。クマを渡すことで、玉が当たったことを表しています。原作だと当たった後千鶴が大喜びをしているのですが、アニメにはありませんでしたね。やんちゃで明るいキャラクターなのにあえて大喜びしている描写を入れない、そのことで今までとは違う“格好良さ”が出ます。そして、茉咲が千鶴に見せた初めての笑顔。その笑顔に惹かれる千鶴。でも、茉咲は春しか見えていない。まだ、これから。

花火、楽しそうですよね。なかなか大人になると出来ない上に、花火ができるような場所があまりありません。高校の時、クラスの打ち上げで海岸で花火をしていたらお巡りさんが来たことがありまして…。お巡りさんに、「じゃあ他に花火のできそうな場所はありますか?」と聞いたら「ないね」と言われました。夏場だけでも花火ができる場所を作ってもらいたいものです。ちなみにその時、自分たちの他にも年上のグループが花火をしていまして、打ち上げ花火を人に向かって発射させられるなどさんざんな目にあいました。花火は人に向けない!後片付けはしっかりと!あと、迷惑のかからない場所でやること。…迷惑のかからない場所を下さい。
しずねえの“楽しそうだなー”という台詞。春に遠慮しないでと言われて、そういうことじゃないと否定していました。“うらやましい”じゃなくて“懐かしい”なんですよね。大人になってから気付くこと。
一番最後のシーン、人間関係が視線によってシンプルかつわかりやすく描かれていてよかったです。

次回は「眼鏡とエトセトラ」。今まで1、2巻の話だったのですが、急に6巻に飛びます。元々一話完結の物が多いので話が前後しても大丈夫なのですが、ちょっと吃驚です。過去話ですね、楽しみです。

Pagination

Trackback

君と僕。 第5話「いつかの夏」 from Spare Time

『夏休みに入り、遊びたくてしょうがない千鶴は、祐希や要に声をかけるも見事ふられてしまう。しかし、唯一相手をしてくれた春の提案で祐希たちや茉咲を誘って夏祭りに行くことにな...
  • 2011/11/01 19:47

君と僕。 第5話「いつかの夏」 感想 from 超進化アンチテーゼ

春ちゃんのあまりの女っぽさはどう? こう・・・仕草を観てると、声だけ聴いても本当に女の子っぽくて 下手したら作中で一番女っぽいかもしれなくて。 休日にお料理とか 髪の結い
  • 2011/11/01 20:21

君と僕。 #5 「いつかの夏」 from つれづれ

 茉咲が気になっている千鶴がいいですね。
  • 2011/11/01 20:39

【君と僕。】5話 テキ屋の親父が屑すぎてワロエナイ from にわか屋

君と僕。 #05 いつかの夏 224 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/11/01(火) 01:57:09.66 ID:jrpFLHFbO やばい、今回ちょっと良かったかも 猫もあんまなかったし...
  • 2011/11/01 21:10

君と僕。 #5「いつかの夏」 from WONDER TIME

「ついにきた… ついにきたんだ! 夏休み――!」 夏休みに突入! 皆で夏祭りに行く事に! 春の事が好きな茉咲が気になる千鶴w    【第5話 あらすじ】 夏休みに入り、遊びたくてし
  • 2011/11/01 21:20

君と僕。 第5話「いつかの夏」 感想 from 日刊アニログ

好きとか嫌いになる理由なんて本人にも分からない 夏休みに入り遊ぶ気満々の千鶴ですが皆に遊んでもらえず意気消沈。 そこで春が提案して皆でお祭りに出かけることになり。 自分に...
  • 2011/11/01 22:00

君と僕。 第5話「いつかの夏」 from SERA@らくblog

夏は意外なフラグも立つもの?(苦笑) みんなと遊びたいとウサ可愛い(?)千鶴ですが。 暑いので相手にされませんw 春のとこに行くと お菓子作りに巻き込まれ 変な自分を発見...
  • 2011/11/01 22:04

君と僕。#5「いつかの夏」感想 from おぼろ二次元日記

花火のように儚くて・・・でも、しっかりと握り締める。いつか思いだせるように。「いつかの夏」あらすじは公式からです。夏休みに入り、遊びたくてしょうがない千鶴は、祐希や要に...
  • 2011/11/01 22:30

君と僕。 第5話 from あ゛ぁやっちゃったなぁ… ぉぃ… な毎日w

「いつかの夏」 やっぱり持つべきものは春ちゃんだなぁ 夏休みが始まり一人だけウキウキの千鶴  手当たりしだいに遊び相手を探すものの相手にしてくれたのは春だけww
  • 2011/11/01 22:51

君と僕。 第5話 感想「いつかの夏」 from 一言居士!スペードのAの放埓手記

君と僕。ですが、夏休みということで千鶴はテンション上げてみんなの家を回ります。しかし、双子はゲーム、要は勉強と相手にしません。春は迷惑そうですが、断るのも悪いと思ったの...
  • 2011/11/02 01:31

Trackback URL

http://littlelarklittle.blog.fc2.com/tb.php/17-925685c2

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

人見

Author:人見
平成生まれゆとり系女子。
アニオタというよりは、ぬるオタ。最近はのんびり肩の力を抜いて見られるアニメが好きです。
アニメの感想は人それぞれ違うのが楽しい。

カテゴリ

公式

ドラマCD「ボクたちオトコの娘」
輪廻のラグランジェ 応援バナー
戦姫絶唱シンフォギア

君と僕。
THE IDOLM@STER
Are you Alice?
グラール騎士団

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。