スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏目友人帳 肆 第13話「遠き家路」

ついに最終回です。第1期から考えると、長かったようであっという間でした。どうやら3期、4期は2期終了時点である程度決まっていたみたいですね。ですが、やはり反響が大きくなくてはここまで続かなかったと思います。凄い!

「帰らなくちゃ」…ムシクイに襲われた夏目の台詞。前回からの続き。帰るべき家は“どの家”なのか?実家なのか、それとも藤原夫妻の家なのか…。

神社という“秘密基地”。家の中に秘密基地を作れない夏目にとっての、外にある“押し入れ”。“僕だけの場所”とは言ったものの、ここにいればいい、ここが自分にとっての“家”だとは思っていない様子。“帰る場所”は別にあります。

食べることへの遠慮。三世子が食べないから、自分も食べられない。遠慮してしまう夏目。この夏目の“食べること”への考え方って、今でも残っていると思います。
夏目が瓶の中に閉じ込められ、ニャンコ先生が夏目に化けた回。あの回でニャンコ先生はご飯をおかわりしていました。そこでの夏目の台詞が「おかわらないでくれ」。他の回を見てみると、夏目って“おかわりするか”と聞かれてからおかわりしてるんです。自分からおかわりすることがないんです。
共同生活における食事は、“同じ釜の飯を食う”という言葉があるように親睦を深める意味合いがあります。一緒に食事をとることを拒否する三世子、それは一緒に暮らすことを拒否することと同じ。夏目の自発的におかわり出来ないことも、まだ遠慮があることと同じ。でもおかわりするかと聞かれたり、お茶碗を作ったりすることは、居場所を作ってもらっているということでもあるんですよね。そういえば、食事のシーンって“家族”との食事しかありませんよね。他は食べ終わりの状態を映すだけだったような…。家族での食事、それはとても大切なこと。
(追記。そういえば屋上でお弁当を食べるシーンがありましたね。でもあれも“塔子さんが作ったお弁当”なんですよね。)

うどん屋さんのショーウインドーを覗く夏目。前回も夏目がショーウインドーを覗いていましたが、背の高さが違うため見ている棚が違います。今と昔の対比。
階段の上のムシクイに、「あっち行け」という夏目。それを見る三世子。これも前回と同じですね。夏目の「遠くに行けよ」や「人に迷惑かけちゃ駄目なんだ」という台詞が、夏目が自分自身に思っていることと重なります。

今回、夏目の子供らしい動きがよかったですね。布団を抱きしめる動きや、神社の中で脚の反動で起き上がる動き、そこからの胸の辺りをぐっと掴む動き、実家の住所を抱きしめる動きなど…。素敵です。走っている姿、疲れて倒れ込む姿もよかったです。

「行ってらっしゃい」…塔子さんの声。その言葉に返す言葉は“行ってきます”、そして“ただいま”と“おかえりなさい”。夏目の帰る場所、それはまぎれもなく藤原夫妻の元。帰らなくちゃ行けない場所への答え。

夏目の「俺の記憶を見た?」という問いに、ニャンコ先生は「興味はない」と言いました。“見た”のか“見ていない”のか、答えていないんですよね。
夏目の実家。押し入れの中の絵を見つめるニャンコ先生。まるで父親のよう。今期はそういう“父親”のような立場で描かれることが多かった気がします。風鈴の下、庭を眺める夏目とニャンコ先生。過去の夏目と父親と少し重なって見えます。

長年人の住んでいない夏目の実家。家って凄く不思議で、人が住まないとすぐに朽ちてしまうんですよね。夏目の実家は、庭には雑草が生え、戸が開きづらかったりするものの、完全には朽ちていません。館花家も蒼井家も、家を訪れていた様子はありませんでした。そんな放置されていた家がそのまま残っていることは、凄いことですよね。もしかしたら、夏目の両親が夏目が家を訪れるのを待っていたのかな…と思ったり。
家に入る時の言葉は「ただいま」、出る時は「行ってきます、父さん」。そして、“さよなら、僕の家”。“帰ろう”、帰るべき家へ。

ラムネ水の湧く場所を探す夏目たち。道に迷うことは、人生に迷うこと。二股に分かれた道は、人生の選択。右の道を選んだ中級たちは、後押しをしてくれる存在。右を選択する夏目。
先にラムネ水の湧く場所にたどり着いている笹田と多軌。あの時買ったCDは、名取のCDだったんですね。CDを代わりばんこに聞くという発想もですが、事前に道を調べてくる辺り、やっぱり女の子って合理的。

写真。それは今という一瞬を切り取る物。宝物である今を形にする物。藤原夫妻とニャンコ先生が写った写真も、押し入れの中に貼るのでしょうか?昔とは違う、家の中の“秘密基地”に…。

3期、4期は“夏目の成長”について描かれていました。でも、まだまだこれからも成長していくんですよね。新たな壁にぶつかって、それを乗り越えて…。まだまだ5期、6期と続いて欲しい所ですが、原作のストックがなかったり、なかなか難しそうですね。でもまた数年後、テレビシリーズではなくてもアニメで夏目友人帳を見たいです。長い間、お疲れ様でした!

Pagination

Utility

プロフィール

人見

Author:人見
平成生まれゆとり系女子。
アニオタというよりは、ぬるオタ。最近はのんびり肩の力を抜いて見られるアニメが好きです。
アニメの感想は人それぞれ違うのが楽しい。

カテゴリ

公式

ドラマCD「ボクたちオトコの娘」
輪廻のラグランジェ 応援バナー
戦姫絶唱シンフォギア

君と僕。
THE IDOLM@STER
Are you Alice?
グラール騎士団

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。