スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまゆら~hitotose~ 第4話「潮待ち島に聞こえる音、なので」

来月からキャプチャー画像を貼るのをやめようと思っています。詳細はこちらから。


今回は麻音ちゃんのお話。麻音ちゃんって一人暮らしだったんですね。

ぽってとお母さんが会話しているシーンの「おじいちゃんって、お父さんとちょっと似てるよね」という台詞、だいぶ吹っ切れた感じがします。一年前まではあまりお父さんについて向き合うことが出来ていませんでしたが、今では普通にお父さんに関する話が出来るようになりました。きっとお母さんも、ぽっての変化に気付いていますね。


麻音ちゃんのお父さんとお母さん登場。まさかの古川さんと平野さんに吃驚。
いい両親ですよね。無理矢理跡を継がせようとはせず、自分のやりたいことをやればいいと言ってくれる両親。でもそれって、自分の選んだ道なんだから全て自分の責任ってことでもあるんですよね。今はたくさん迷って、自分の納得出来る道を進めばいい。もしも出来ないと思ったら、諦めて別の道を進むのも勇気。だけど全部自分が決めたことなんだから、誰かのせいにしてはいけない…。将来の夢って、そういう物。自分で書いておきながらあれですが、耳が痛い…。

ぽってのおじいちゃんも登場。ぽってにそっくりですね。おじいちゃんとお父さんが似ているのなら、ぽってとお父さんも似ているはず。外見的な物ではなく、内面的な物。写真が好きということ以外にも、似ている所があるのかもしれません。


おじいちゃんにおごってもらったレモン羊羹。美味しそうです。羊羹の上にレモンのゼリーが乗っているのでしょうか?涼しげでいいですね。普通の羊羹よりさっぱりしていそうです。食べてみたい!


夕食のお刺身盛り合わせ、何とも豪華です。この豪華さを見ると、結構宿泊料高そうですよね。個人的に穴子が大好物なのであなご飯が食べたいです。ちなみに、あなご飯は瀬戸内の郷土料理だそうで。

小さい頃の麻音が旅館のお客さんに「こんにちわ」と言うシーン、前半のすれ違った子供たちに「こんにちわ」と言われるシーンと対応していますね。
麻音はただ口下手というだけではないんです。上手く話せなくても、話しかける努力をする。完璧に出来なくても、挑戦してみる。おもてなしの心が大切。そんな彼女だからこそ、両親は安心して自由な道を進んでいいと言えるのでしょうね。


今回麻音ちゃんも凄く可愛かったですが、のりえちゃんも相変わらず可愛いし面白いですね。
例えば、ぽってのおじいちゃんに後ろから呼びかけられるシーン。呼びかけに文句を言いながら振り向き、おじいちゃんだと気付くカット。一人だけ服などの影が描かれていないんです。動きがなく、一瞬で切り替わってしまいますが、とても印象に残りますよね。“固まった”感じがよくわかる、いい表現です。
他にも麻音の両親に「改まってお話が」と言ったシーン。動きがコミカルですよね。あの滑り込む様な動き、面白いです。

古川さんや平野さんが出ていたり、酒屋のお兄さんが鈴村さんだったり、marbleが歌う“やさしさに包まれたなら”が流れたり…盛りだくさんな内容でした。
次回はちひろちゃん再登場。広島に来るのでしょうか?横須賀でのお土産話、たくさんたくさん持ってきて欲しいな…。

そういえば、来年になりますが汐入でたまゆらのオンリーイベントがあるみたいですね。ちょっと気になります。
たまゆらオンリーイベント 「たまゆわ~るど 1回目、なので。」

Pagination

Utility

プロフィール

人見

Author:人見
平成生まれゆとり系女子。
アニオタというよりは、ぬるオタ。最近はのんびり肩の力を抜いて見られるアニメが好きです。
アニメの感想は人それぞれ違うのが楽しい。

カテゴリ

公式

ドラマCD「ボクたちオトコの娘」
輪廻のラグランジェ 応援バナー
戦姫絶唱シンフォギア

君と僕。
THE IDOLM@STER
Are you Alice?
グラール騎士団

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。