スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君と僕。 第13話「陽だまりの詩」

ついに最終回…ですが分割2クールということで、あまり最終回という感じではありませんでしたね。ちなみに今回も前回と同様、あまり改変はありませんでした。
かおり先生登場です。要たちの卒園から10年以上経っているのに、若々しい…というか髪型以外あまり変わっていないですよね。今いくつなのでしょうか?要たちが通っていた頃二十代前半だとしても、三十代ということになりますよね。

けんちゃんが千鶴に投げつけたどんぐり。原作では小さな石を投げています。けんちゃんがみんなを襲撃したのは「不法侵入者」や「悪者」という台詞の通り、正義感。折った枝を植え直したり、本当はとても優しい子。ただ素直になれないだけで…。

女の子にモテモテな双子、男の子にモテモテ春。もてあそばれる要と千鶴。女の子たちとお人形遊びをする悠太、面倒見のよさがよく表れています。それに春の男の子っぽい遊びに慣れていない所も、いかにもといった感じ。ちなみにこの悠太と春のシーンはアニメで追加された部分です。

おままごとに参加させられる要。祐希が要言った「職場体験なんだから、ちゃんとやらないと」という台詞。これって原作にはないんですよね。何でも完璧にやらなくてはいけないと思っている要。そんな要の性格を知っているからこそ言える痛い一言、絶対に断れなくさせる魔法の一言です。“職場体験”は完璧にやらなければいけない要の“義務”。だから仕方なく食べる演技をしたんです。

けんちゃんの「かおり先生にフラれちまえ!」という台詞。けんちゃんが要の恋心に気付いたのは、要と先生とのやりとりを見てでしょうね。再会のシーンで、物陰から様子をうかがっていました。
そして、けんちゃんの言葉を否定しようとする要。素直になれないのは、けんちゃんも要も同じ。似た者同士です。

幼稚園に来た時、悠太が「こんなにちっちゃかったっけ?ジャングルジム」と言っていました。原作では遊具の大きさについては全く触れていません。
ジャングルジムに登るけんちゃん。いくら上へと逃げても、要からしたら登らなくても届く高さです。登っても登っても、すぐに捕まって下ろされてしまう。走って逃げても、すぐに追いつかれてしまう。大人と子供。幼稚園時代の要と、高校時代の東先生を思い出しますね。いくら背伸びしても、大人にはなれない。要もまだまだ子供ですが…。

素直になれなかったけんちゃん。でも、そのちゃんは気付いていました。何となくだけれど、けんちゃんは本当は優しい子だということを。
素直になれないのは要も同じです。けんちゃんがかおり先生を突き飛ばしたのは、仕返しであり、お返し。
そのちゃんに要にやって欲しい役を聞かれて、答えたのは「にいちゃん」。食器が足りないと言われた時、けんちゃんがやりたいと言った役は長男でしたよね。

最後の春の「要くんとけんちゃん、ちょっと兄弟みたいでしたよ」という台詞。好きな子に一生懸命な姿がそっくり。要自身も、多分自覚しています。否定したり、認めたくないと思っていますが…。それでも、要はけんちゃんの姿と昔の自分(今の自分とも)の姿を重ね合わせていると思うんですよね。素直になれない気持ちは、要にも痛いほど理解出来ます。要だって、今でも素直にはなれていませんから。
ジャングルジムからけんちゃんを下ろした時、要は自分の方を向かせてから背中をさすっています。素直になれなかった“自分”と向き合う構図。それは、お互いに。
逃げようとしたけんちゃんの頭を叩いたり、手を引っ張っていった要。東先生(要の中では、あの時の高校生)みたいに完璧には出来ないけれど、不器用な要なりのやり方です。今ここで逃げても、一時しのぎにしかなりません。今の自分を変えることは、勇気がいること。みんなに思われている自分を変えることは、難しいこと。でも、何もしなければ何も変わりません。「ごめん」の一言が、小さな一歩。
前回の要のことを思い出してみて下さい。要の冬樹を見る視線。今回と同じですよね。冬樹の必死に背伸びしようとしている姿。かおり先生のために、必死に大人になろうとしていた昔の自分。
なかなか素直になれなかったり、無理に背伸びしようとしてみたり、それでもやっぱり自分は子供なんだと思い知らされたり…。一生懸命頑張る姿は、自分には見えません。他の人に気付かれていないと思っていても、知らない間に気付かれている気持ち。自分の気持ちに素直になれなくても、素直になれない同士、互いの気持ちは簡単にわかります。でも、その気持ちをどうするかは自分次第。素直に伝えるか、それとも押し殺してしまうか…。

今回で1期は終了。来年の4月から2期が始まりますね。冬休み前のお話から始まるのでしょうか?祐希のお話の続きから?個人的には年末の双子のお話をやってもらいたい所ですが…!何はともあれ、楽しみです。
スポンサーサイト

君と僕。 第12話「中学生日記」

春の弟、超健康男子冬樹登場。それに、彼女の間宮さんも登場です。

今回はかなり原作そのままでした。でもいつもに比べてかなりコミカルでしたね。キャラクターのデフォルメが多かったです。それに千鶴の口から魂が出て、祐希がそれを押し戻していたり…。特に前半はギャグシーンが多めでした。
余談ですが、ギャグシーンについて思ったこと。君と僕。のジャンルって、もともとが4コマ漫画だったのでギャグ漫画だと言われているのですが、今のジャンル(というか、キャッチコピー?)は“脱力系青春グラフィティー”になっています。連載になるにあたって、ギャグの部分が少なくなったと思うんです。ガンガンではよくありますよね、4コマ漫画から普通の連載漫画になってギャグよりシリアス路線になるパターンって。なので元からギャグが少なかったり、漫画だからこそ面白い(アニメではモノローグが削られている所が多いので)シーンが多いと思うんです。それに原作を見ていない、アニメしか見ていない方の感想を見ると、やはり恋愛話がウケがいいようで。だから、今のくらいのバランスでいいと思うのですが…どうなのでしょうか?

超健康的な松岡冬樹、中学二年生。春たちは見事なまでの草食系。対照的ですね。
そういえば、春のお姉さん二人も春みたいなタイプの人なのでしょうか?がさつなお姉さんだったら異性にああいう興味の持ち方はしないかな…と思ったので。ちなみにお姉さんの一人にはもう子供がいて、舞音ちゃんといいます。春の姪っ子ですね。

職員室へ携帯奪還作戦。祐希のマダムキラーっぷりが凄いですが、これなら祐希が「携帯返して下さい」と言えば二つ返事で返してもらえるのでは…。一種のお色気作戦のような感じで。先生の視線をそらすことしか考えていない、そんな無茶な所がいかにも千鶴らしいです。考えなしに乗り込もうとした冬樹もですが。

春と冬樹の子供のころのお話はアニメオリジナル。春を背負う冬樹の姿と、歩く冬樹の姿とのシンクロ。よくよく見てみると、最初の方で春が「ごめんなさい千鶴くん。この子が弟の冬樹です。」と紹介するシーンも同じなんですよね。春が冬樹の肩に両手を乗せているシーンはまさに冬樹が春を背負っているように見えます。

春と冬樹。千鶴は全然似ていないと言っていましたが、優しい所はそっくりです。
エロ本のことや二の腕のこと、間宮さんにどう見られているのか気になる冬樹。それ故に見えなくなっていたこと。間宮さんのこと。
防具の臭いのことで、冬樹にどう思われているのかが気になってしまう間宮さん。間宮さんも冬樹と同じですよね。間宮さんが見えなくなっていたことは、冬樹の優しさ。優しい冬樹は防具のことなんて気にしません。彼女も保健室での会話から、冬樹の優しさは知っているはずです。逆に間宮さんが冬樹がエッチなことばかり考えていると知っても、嫌いにはならないですよね。もしかしたら、もう気付いているのかもしれませんね。
互いのことを信じられなかった二人。それは自分に自信がないから。まだまだ幼いから…。家に電話がかかってくることが恥ずかしい冬樹。家まで送ってもらうことが恥ずかしい間宮さん。二人とも、家族に知られてしまうことが恥ずかしい。でも冬樹は「彼氏って言えばいいじゃん」と言いました。そして、「電話は家の方に」とも言いました。ほんのちょっとの成長。二人の恋は、まだまだこれから。

ちょっと気になったのが要。今回のお話ではほとんど絡んでこないのですが、みんなのことを一歩引いた所から見ているシーンが印象的でした。みんなで間宮さんを見に行くシーンや、冬樹が家に電話がかかってきたらどうしようと言っているシーン…どちらも主に冬樹のことを見ているようでした。出番が少ないからというのもありますが、要が一番恋愛の絡んでくるお話が多いんですよね。しずねえ、日紗子ちゃん、そしてかおり先生。
エッチなことに興味津々な冬樹。でも間宮さんの前では格好つけようとしたり、家に電話をかけてくることを恥ずかしがったりする姿はまだまだ子供。そんなちょっと背伸びしようとしている冬樹の姿を見つめる要。昔の自分の姿と重ねているのかな…と思ったり。次回の話に少し繋がっているかもしれません。…多分。

次回は「陽だまりの詩」。最後は文化祭での東先生の台詞から、あきらくんが出てくるお話を持ってくるのかなと思ったのですが、違いましたね。“陽だまりの詩”はみんなで陽だまり幼稚園へ行くお話。ようやくあの人の“今”が見られますよ。楽しみです。

君と僕。 第11話「三日月シルエット」

今回は祐希のお話。実は“三日月シルエット”には“colorless blue”という後編がありまして、両方まとめたお話になるのかなと思っていたのですがどうやら2クール目に後編をやるみたいですね。少し時間が空いてしまいますが、無理矢理一話にまとめるよりはいいかなと思いました。…後編をやらないなんてこと、ないですよね?
ちなみに原作でも“三日月シルエット”と“colorless blue”の間には二話ほどエピソードが挟まれています。もしも1クール目がクリスマスで終わるなら、2クール目の始まりは年明け、“colorless blue”は春休み前辺りに来るかなと予想。

アバンはアニメオリジナル。最初に見た時は何故夜なんだろう?朝ではないんだろう?と思ったのですが、“三日月”だからですね。それに悠太が花代さんのはねた髪を見るシーンに注目してみると、それぞれ時間帯が違うんです。初めは夜、次は昼間、そして朝、最後に夕方。
投入された硬貨、絵皿、点数シール…全部“まん丸”。今回は“物の形”がポイントですね。

ペンキ塗り立てで入れなかった屋上。原作では要の定期テストの点数がよかったから、丁度今回のテストで高校生活の折り返し地点だからといった感じで食堂へ行きます。お弁当の話題は出てきません。アニメでは、結局お弁当は食べなかったのでしょうか?祐希は大盛りを頼んでいましたし…。高校生男子なら両方食べられてもおかしくはないですが、そこまで食べるようなキャラはあまりいないような気がします。春だけ学食ではなくお弁当を食べていましたね。さすがに両方は食べられないし、お弁当を残すのはよくない…とても春らしいですよね。

購買へ来た祐希と千鶴。ここでコンビニで見かけた女性が花代さんだと気付きます。原作ではここのシーン、花代さんは三角巾をつけたままです。学食にいた時は興味がなかったけれど、点数シールを見たことで認識したといた感じになっています。そしてその後のコンビニのシーンではねた髪に気付くのですが、アニメの方がちょっと前から意識している感じですね。
メガ盛り焼きそばパン。値段は420円。挟んであるのは焼きそば、唐揚げ、コロッケでしょうか?女性が食べるにはちょっとキツい…というか、カロリーが気になりますね。それにシールが目当てでなければ、お弁当を買っちゃいますね。

千鶴が食べていたパン、食パンでしたね。原作ではメロンパンになっています。何故食パンだったのでしょうか?普通はお昼に食パンを買おうとは思いませんよね。最初“点数が高いからよく考えずに買った”のかと思ったのですが、最後のシーンの応募用紙を見てみると“1点”になっています。それに原作ではこの日の当番は悠太で、日直で先に行ってしまった悠太の代わりに祐希がパンを買う…といった感じになっています。そして後日千鶴の当番が回って来た時にメロンパンを食べている…。なのに、アニメでは祐希がコンビニに来た日が千鶴の当番の日になっています。それに祐希にメガ盛り焼きそばパンをおすすめされていましたよね。高いから別の物を選んだにしても、食パンは選びませんよね。
これって“形”が重要だと思うんです。食パンの“四角”い形。茉咲の持ってきたノート、トイレの鏡、下駄箱、張り紙、雑巾…後半に“四角”いモチーフが連続して出てきます。千鶴の気持ち、そして祐希の気持ち。

茉咲のくだりはアニメオリジナルです。茉咲のことが完全に気になり始めた千鶴。指でつっついてみたり、わざわざ「“春ちゃんにもらった”おかず」と言ったり、茉咲の気を引きたい様子。(追記。ちょっかいを出す辺りは“きょう、あした、あさって。”の冒頭からですね。)
トイレの中の、扉越しの会話。互いに別の方向を向いて話をしています。春が「好きな人」と言った時の、一瞬映る千鶴のアップが印象的です。表情の映らないあの一瞬。どきっとする気持ち。息を飲む瞬間。春は茉咲のことを、恋愛的な意味で好きではない。けれど、茉咲は春のことしか見ていない。最後に映る蛇口、回す部分は三角形。
春に好きな人を聞かれ「春ちゃん」と答えたのは話を逸らすためでもあり、本心でもあると思うんです。恋のライバルだとしても嫌いにはなれないし、関係を壊したくもない。複雑な気持ち。

春の「それより、みんなはどうなんですかね。好きな人、いるんですかね。」という台詞。春は唯一、恋愛関係の悩みが描かれていないんですよね。一応原作には出てきているのですが、もう少し先のお話。

半分剥がれたシール。それははねた髪のようで、そして三日月のようでもあって。満月になるには、まだ時間が足りない。
今回は祐希のお話でしたが、千鶴の恋も描かれていました。祐希の思いはまだ恋ではなく、ちょっと気になる気持ち。多分祐希自身も、気になってはいるものの恋だとは思っていません。そんな微妙な気持ち。

次回は春の似てない弟、冬樹登場。ある意味、春の恋愛話の代わりかもしれません。楽しみです。

君と僕。 第10話「on your mark」

今回は文化祭、千鶴と茉咲のお話でした。千鶴と茉咲の絡みが削られて、あきらくんの話をメインでやるのかと思っていたのですが逆でしたね。原作では文化祭は一日目、二日目と二日間に分かれていたのですが、一日目のお話がかなり削られていました。アバンのクイズも、要が7問連続正解という結果しか出てきませんでした。原作では、祐希のイケメンオーラで答えていないのに1点獲得するという離れ業をやってのけています。要はその後に6問連続正解しています。

要たちのクラスのお化け屋敷。千鶴はトイレの花子さん、祐希は鬼太郎、要は幽霊の格好をしていました。鬼太郎のコスプレに関しては、原作にはコピーライト表示、アニメにはEDの協力の所に水木プロと書いてありました。
お化け屋敷のセットですが、かなり凝っていましたね。机を積み上げているのがいかにもといった感じですが、セットや照明がかなり本格的。それにかなり広い教室ですよね。私が高校の時にやったお化け屋敷は、教室二つを無理矢理段ボールの道を作って繋げていました。途中段ボールが壊れたりして大変でした。他にも窓から光が漏れないように段ボールで目張りしたり、机が倒れてこないように一つ一つ固定したり…お化け屋敷って意外と大変なんですよね。
原作で茉咲たちがお化けに脚をつかまれる描写がありましたが、これはなくして正解。普通のお化け屋敷でもそうですが、セクハラなどのもめごとが起こる可能性があるのでお客さんに触れるのは厳禁なんです。
茉咲の手をにぎる千鶴。本格的に動き始める心。

ちょっと気になったのが千鶴のパンチラ。あそこは見せるにしても、短パンがよかったかなと思います。かなりノリノリな感じで女装したとしても、普通は短パンをはくと思うんですよね。悠太は長いドレスにも関わらず、下にズボンをはいていましたし。千鶴の場合、あまりそういうことは気にしなさそうではありますが…どうなんでしょう?

前回要の性格について書きましたが、しずねえとのやりとりで何となくわかったと思います。しずねえに生徒会に入っていることを「すごいねえ」と言われ、「別に」と否定しつつも「すごいよ、すごいなあ」の言葉に「はいはい。じゃ、すごいんじゃないですか?」と否定することを止めています。要の性格は、しずねえが影響しています。しずねえが「すごい」と言ってくれるから、褒めてくれるから要は頑張ってしまうんですよね。その後しずねえに「絶対頼りにしちゃうな」と言われて、赤くなったり。

昔の茉咲を知らない千鶴。今回春が“しつこく追いかけた”という過去を知ったことにより、茉咲が春を好きになった理由を知ります。これが後半のトイレの中まで追いかけてくるという所に繋がっています。

ちょっと面白かったのが、千鶴が悠太の格好を“白雪姫”なのに“シンデレラ”と言ったこと。茉咲の出た劇がシンデレラでした。茉咲のことを気にしている感じがするんですよね、この間違えって。むしろ茉咲しか見えていないというか…かなり惹かれているように感じられます。

しずねえの「いいなあ」という台詞。第5話の「楽しそうだなー」という台詞と同じですね。原作では要を見送るシーンに「いいなあ」という台詞はありません。この台詞を入れてきたということは、2クール目に要としずねえのお話があるのかな…と思ったり。

今回、出番がかなり削られてしまったあきらくん。東先生が「今度ちゃんと話さないとな」と言っていたので、今後また出てくると思います。もしかしたら、最終回が“VERY CHRISTMAS”になるとか?

トイレまで追いかけてきた千鶴。原作では春が茉咲の後をすぐさま追いかけ、女子トイレに逃げ込んだがために立ち往生し、千鶴だけが中へ入っていく…といった感じになっています。アニメでは、みんなで別々に探している感じでしょうか?春が茉咲を追いかけないということは考えられないので。千鶴が落ちていた尻尾を見て茉咲がトイレの中にいると気付く所は、“シンデレラ”と勘違いした所と一緒。あの尻尾だけで茉咲がトイレにいると確信し、ためらいなく中へ入っていくなんて普通じゃ出来ないですから。女子トイレの中は、茉咲の心の中。心の中へ無理矢理入り込む、その強引さがなんとも千鶴らしいですよね。
原作の“春は見つけたけれど中へ入れない”、けれど“千鶴は入っていく”というのも好きなのですが、話している間に空が赤くなる表現を見ると女子トイレの前で男4人が長い時間待ってるのもおかしいので仕方がないかなと思いました。
茉咲の「女子トイレまで追っかけてくるのも、あんたくらいよ」という台詞。春には出来ないことを、千鶴はやりました。それでも、元気づけるためには春についてのことを言うしかない歯がゆさ。

ねずみは“落ち込んだシンデレラを元気づける”役。千鶴が元気づけたのは茉咲。このメルヘン喫茶で茉咲が言った「ねずみって落ち込んだシンデレラを元気づける重要な役なんだから」という台詞もアニメオリジナルです。今回、所々オリジナルで追加された台詞が良い感じでした。

元気づけたのは千鶴、でも隣にいるのはやっぱり春。ほんの少しだけ茉咲に近付きましたが、その距離はまだ遠い…。

次回は祐希のお話です。今回の文化祭の話同様、二話分のお話なのでどこまで削られるかが少々不安です。もしかしたら、前半の話しかやらないとか?
残り3話ですが、来週が祐希のお話、その次に春の弟のお話が来ると思うんですよね。OPに出ているので。それで、最終回がクリスマスの話かなと…。OPのあきらくんの服装が、“VERY CHRISTMAS”の時の服装のような気がします。それに今回の東先生の台詞もありますし。個人的には、その前の“mary's christmas”も見てみたいのですが…!

君と僕。 第9話「naked king」

文化祭準備のお話。今回のメインは要です。要の性格、それとみんなから見た要について。
原作が少し短めなので何を足してくるのかと思っていたら、前半に原作の“キッズトレイン”のエピソードが挿入されていました。段ボールで作ったエコトレインの所です。“キッズトレイン”は“naked king”の次のお話で、エコトレインのエピソードはその最初にある文化祭前日のお話です(ちなみに“キッズトレイン”自体は主に文化祭一日目のお話)。文化祭準備という所は一緒なので、今回の話に組み込んできたのはよかったと思います。ちなみに原作だと資料を借りに行くのではなく、資料を返しに行っています。

男装女装喫茶、高校時代にありました。私のクラスではなかったのですが、懐かしいです。私の通っていた高校では、何故か行事があるたびに男子が女装するという不思議な学校だったのですが…世間的にはどうなのでしょうか?文化祭の女装喫茶は勿論、体育祭ではスカートはいて踊ったり(しかもハルヒダンス)、そもそも体育祭のカラー決めの時間をわざわざ設けて団長と女装した男子がフィーリングカップルをやったり…かなりフリーダムな学校でした。
ちなみに私のクラスはお化け屋敷をやりました。お化け役のはずが、下手だからと言われ裏方をやっていました。…まあ、私の高校生時代はここまで。

東先生から要への「あまり無理しないでね」という台詞。その前の教室に戻れという部分もそうですが、原作にはありません。でも先生はちゃんと要を見ている、理解しているということがわかるいい台詞ですね。
前の感想でも書きましたが、要は先生に憧れています。後半の暗幕を借りに行ったシーンで、先生はいとも簡単に解決策を提案しました。暗幕を借りられない要と、それを簡単に解決する先生。この時の先生は、こうなりたいと思う“要の理想の姿”です。だから要は先生に憧れているんです。それと同時に、何もかも自分を上回ってしまうことに嫉妬しています。自分の理想だからこそ、弱い部分を見られたくないとも思っています。
ちなみに、東先生が面倒見がいいのは彼の幼少期に関係していると思うのですが…さすがに1クール目ではやらないですよね。多分東先生が要の気持ちを理解出来るのは、自分とどことなく似ているからだと思うんです。根本の性格は違いますが…。要はちょっと意地っ張りですよね。

コピー機を使うシーンで、祐希もコピー機を使うのは初めてと言っていました。前回はそもそもコピー機を使う気すらなかった、シュレッダーにかけるために自らコピーしに行ったと考えればそこまでおかしくはないと思います。

今回ちょっと気になったのが、茉咲が出てくるシーン。原作だと要の背後にいるのですが、アニメだと反対側にいます。カメラが横にスライドしていくのは面白いと思ったのですが、茉咲の位置から千鶴が丸見えのような気がします。これだと要よりも千鶴の方が怒られるような…。両手一杯に荷物を持っていて下の方が見えなかった…というのも、ちょっと厳しいですよね。

同じクラスの生徒や後輩から頼られる要。頼まれたら断れないのは、彼の性格。どうして完璧にしようとするのかは、次回でほんのちょっとだけわかるかもしれません。…多分。
クラスの生徒は“確実”と言い、千鶴たちは“マグレ”と言いました。千鶴たちは要について理解している…というよりも、完璧な人間ではないと思っているんです。“出来ない”や“出来なかった”と言っても怒られない、失望されない存在。むしろ適当に茶化してくれる、そんな気が置けない存在です。
要が千鶴を殴るのは、文字通り“遠慮していないから”。それと照れ隠し。

次回はいよいよ文化祭。多分原作の“キッズトレイン”と“on your mark”を合わせた話になると思います。予告に出ている通りしずねえ、それと日紗子ちゃんも再登場。他にもOPに映っているあのキャラクターも登場すると思います。正直あのキャラクターについては、アニメのみを見ている人には大変不親切だと思うのですが…大丈夫なのでしょうか?それと千鶴と茉咲の絡みはまた省かれてしまうのでしょうか?ここでも省かれていたら、本格始動するのは2クール目からかなと思います。何はともあれ、次回も楽しみです。

Pagination

Utility

プロフィール

人見

Author:人見
平成生まれゆとり系女子。
アニオタというよりは、ぬるオタ。最近はのんびり肩の力を抜いて見られるアニメが好きです。
アニメの感想は人それぞれ違うのが楽しい。

カテゴリ

公式

ドラマCD「ボクたちオトコの娘」
輪廻のラグランジェ 応援バナー
戦姫絶唱シンフォギア

君と僕。
THE IDOLM@STER
Are you Alice?
グラール騎士団

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。